「セーラム、魔女」に関連する現地ガイド記事

「セーラム、魔女」に関連する現地ガイド記事

セーラム、魔女に関する現地ガイド記事を集めました。セーラム、魔女の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

郊外観光にお役立ちのコミューターレール

[2015/01/13] 内田よしえ

市内から少し離れた郊外の観光地へ行くのに活用したいのがコミューターレール。主に郊外に住む人が市内へ通勤するための電車なので、全ての観光地を網羅しているわけではありませんが、何ヶ所かはこのコミューターレールを利用して行くことが出来ます。例えば、魔女裁判があったことから「魔女の町」として知られるセーラム。「若草物語」が執筆された家や独立戦争の始まりとなった地、コンコード。ロブスター漁で知られる、こじんまりとした可愛らしい町・ロックポート。繊維産業で栄えた町・ローウェルなど。 続きを読む



小説「七破風の屋敷」のモデルとなった建物がセーラムに

[2010/02/26] 内田よしえ

ナサニエル・ホーソーンという名をご存知でしょうか?彼は19世紀のアメリカの著名な作家で、ボストン近郊のセーラムという町で生まれ育ちました。彼の最も有名な作品は映画にもなった「スカーレット・レター(緋文字)」ですが、他の代表作として知られているのが「七破風の屋敷」。その小説のモデルとなった屋敷が実はセーラムにあり、一般公開されています。小説は屋敷にかかった先祖が犯した罪の呪いが子孫に降りかかるという話ですが、これはフィクションなので、実際にこの屋敷に呪いがかかっているわけではないのでご安心を。 続きを読む



魔女の町「セーラム」は、ハロウィンシーズン大賑わい! 

[2007/09/18] 内田よしえ

ボストンより電車で約30分ほど北に行くとセーラムという町があります。(電車の他にもバスやフェリーなどで行くことが出来ます)昔港町として栄えたこの町は、現在「魔女の町」として知られていますが、それは17世紀に“魔女狩り・魔女裁判”がここで起こったからなのです。しかし、そんな恐ろしい事がここで起こったとは思えないくらい、町はこじんまりとしていてレンガ造りの建物や石畳が良い雰囲気の、可愛いらしいお店が並ぶ、港の美しい所なのです。そして今では魔女がこの町のシンボルでもあり、観光名物にもなっています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 セーラム、魔女」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。