「ソウル、土産」に関連する現地ガイド記事

「ソウル、土産」に関連する現地ガイド記事

ソウル、土産に関する現地ガイド記事を集めました。ソウル、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

江南エリアのホットプレイス! グルメも買い物もワンストップで楽しめる駅と直結のショッピングモール

[2017/01/26] 金光英実

最近、ホットプレイスとして注目を浴びているのが、地下鉄2号線「三成」駅の周辺エリアです。「COEXモール」の全面リニューアルに続き、2015年には「SM TOWN」が新たにオープン、2016年秋には「パルナスモール」もリニューアルを終え、この一帯の雰囲気はすっかり変わりました。2016年9月、ソウル郊外に「スターフィールド河南」という巨大ショッピングモールが誕生したため、COEXモールは“韓国最大規模”とは呼べなくなってしまいましたが、ソウル市内では最大規模と呼んでもいいでしょう。 続きを読む



お父さんと息子の憩いの場所。「男たちの遊び場」がいま熱い! ソウルを出て板橋で遊ぼう

[2016/08/26] 金光英実

ソウル江南駅から新盆唐線で15分。盆唐エリアにある板橋駅に「エレクトロマート」が出来ました。「男たちの遊び場」がコンセプトのここには、家電やアウトドア用品、ファッションアイテム、ビールやワインなど、男性が好みそうな商品が陳列されています。他の店舗はイーマートの中に併設されていますが、ここは単独の店舗。1階と地下を合わせて1050坪もの広さを誇ります。アメコミに出てきそうな「エレクトロマン」というキャラが迎えてくれるので、わくわく度もアップします。 続きを読む



映画の世界を再現!いや、それ以上かも?!~Ravintola Kamome(ラヴィントラかもめ)~

[2016/08/17] 靴家さちこ

2006年公開の小林聡美さん主演の人気映画。その舞台となった、「Kahvila Suomi(カハヴィラ・スオミ)」というカフェ・レストランが、2015年6月に閉店したことはご存知でしょうか?長年地元客や日本人観光客から親しまれてきたフィンランド人のオーナー夫妻が隠居することになり、こちらはフィンランドに20年以上暮らす日本人、小川秀樹さんの手に引き継がれました。こうして昨年7月から、地産の最高の自然食材を素材に、こだわりの手作り料理を提供するレストランに回帰すべく、準備と試行錯誤が始まった「カハ… 続きを読む



月に1度のお楽しみ!古き良きリオに出会える青空市

[2011/11/02] 東リカ

毎月第1土曜日にセントロ地区で開催される「フェイラ・リオ・アンチゴ(Feira Rio Antigo)」は、この日リオにいるなら是非訪ねて欲しい、ブラジルらしさに溢れたストリートイベント。ポルトガル語で「古いリオの青空市」という意味のこのフェイラは、リオで一番最初に住居が建てられたというラヴラヂオ通り(Rua do Lavradio)が舞台。カラフルなコロニアル建築や、ラパの水道橋、三角錐のカテドラル・メトロポリターナなどリオの名所が背景です。 続きを読む



2010年10月21日、羽田・新国際線ターミナル、開業!

[2010/10/21] 寺田直子

海外旅行を愛するみなさん、お待たせしました!ついに羽田・新国際線ターミナルが開業しました。今までは路線も限定されていたけれど、新国際線ターミナルが誕生し、早朝から深夜便まで24時間体制でネットワークが拡大。2011年1月末までの就航予定都市は、中国(北京、上海、香港)、韓国(ソウル)、タイ(バンコク)、台湾(台北)、シンガポール、マレーシア(コタキナバル)、アメリカ(ニューヨーク、デトロイト、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ホノルル)、フランス(パリ)、カナダ(バンクーバー)と世界9ヶ国15の都… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ソウル、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。