「ソーセージ」に関連する現地ガイド記事

「ソーセージ」に関連する現地ガイド記事

ソーセージに関する現地ガイド記事を集めました。ソーセージの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

主役はワインなのに「ソーセージ市」? バード・デュルクハイム世界最大のワイン祭り

[2018/08/24] シュピッツナーゲル典子

ワイン祭りなのに、「ソーセージ市」と呼ばれるようになったのは、15世紀初頭にさかのぼる。当時、この街の丘陵に聖ミヒャエル礼拝堂が設置されたことから、周辺の住民は礼拝堂に奉納するため自家製ソーセージやワイン、パンなどを一輪台車に積んで丘まで運んだ。その後、礼拝堂を目指してカトリック教信者がミヒャエル洗礼名の日である9月29日に巡礼するようになった。これに目をつけた農家は、参詣者来訪の9月29日前後にソーセージやワインを丘陵のマルクト「聖ミヒャエル市」で販売し始めた。15世紀中頃になるとマルクトは、… 続きを読む



ローカルが行く、ニューハウンの裏道。デンマークファッションと行列のできるカフェ。

[2018/07/20] MizukiPoulsen

Store Strandstraedeで一番人気のカフェといえばユニオン・キッチン。朝ごはんからランチ、夜のカクテルまで、いつでも寄れるお店です。メニューはイギリス人オーナーのお店らしくブリティッシュスタイルとデンマークスタイルのミックス。朝食にはスクランブルエッグとトースト+ベーコン、ソーセージ、アボカド、ハム、ケールから一つ選べるセット85dkk。見た目もゴージャスなブランチプレート165dkk、ケーキ69dkk〜、ディナーはイングリッシュミートボール各種99dkk。ラテアートのステンシルメ… 続きを読む



見た目からエレガント リヨンの伝統的な料理をモダンに調理するLe Layon

[2018/06/30]

メインはリヨンソーセージをチョイス。リヨンソーセージとは豚肉に塩、コショウ、ニンニク、背脂、ラードなどを入れて作るもので、アペリティフや前菜にもしばしば登場するリヨンの人気者。今回頼んだものは、ソーセージといえども、薄切りにしたソーセージを卵と生クリーム、チーズを混ぜたものの中に入れてオーブンで焼いたものです。付け合わせにはホットケーキのような形をしているほのかに甘いパン。あつあつで出てきたメインは、チーズとソーセージの香りが漂い、卵生地の中からはプリッとしたリヨンソーセージが飛び出します。 続きを読む


ビールが美味しくて値段も手ごろなプラハのビアレストラン、ウ・メドヴィードクー

[2018/06/21] 岸 博美

食事は定番のチェコ料理が主体だ。鴨料理やビーフシチューは多くの観光客に好まれている。牛肉や豚肉のソテーや、ビールのおつまみ風にソーセージやチーズを盛り合わせたプレートもある。チェコのソーセージはドイツの様にメジャーではないけれど、「2分の1メートルソーセージ」と書かれたものがメニューにあったので頼んでみる。出てきたのはグルグル巻きのソーセージ!これは面白い。付け合わせはドイツの様にマスタードとホースラディッシュだ。ビールは、店のオリジナルはアルコール度数が高いというのでバドワイザーの生ビール黒を… 続きを読む



ドイツ最東端ゲルリッツGoerlitzの祭、アルトシュタットフェスト

[2018/06/20] 沖島博美

ゲルリッツ旧市街祭では中心部に移動遊園地や中世職人の小屋、食べ物屋台がずらりと並ぶ。細長い広場オーバーマルクトには観覧車、メリーゴーランド、ブランコなど、ベルリンにやってくるような立派な移動遊園地が現れる。市庁舎のあるウンターマルクトは中世職人広場へ早変わり。鍛冶屋や家具職人、木工細工師などが中世のコスチュームで仕事を披露し、出来上がった小物が売られている。中心部の路上には食べ物の屋台が並び、中でもチューリンガーソーセージは列ができるほどの人気ぶり。聖ペーター教会前広場の舞台ではクラシック音楽や… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ソーセージ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。