「ソーセージ」に関連する現地ガイド記事

「ソーセージ」に関連する現地ガイド記事

ソーセージに関する現地ガイド記事を集めました。ソーセージの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

ここレーゲンスブルクでは、甘いマスタードなしの生活なんて、考えられません。旅の記念に、あなたもお一ついかがですか。焼きソーセージや、白ソーセージ、レバーケーゼという温かいハムのようなものにつけるこのマスタードは、レーゲンスブルクを北限とする、バイエルン州南半分で食されます。ヘンデルマイヤー社の作るマスタードは、100年以上の歴史を抱えています。小さな地元の企業が成長し、今では、甘いマスタードの代名詞といえば、ヘンデルマイヤー。100gのチューブ入り1本が1ユーロ程度なので、気軽なお土産として購入… 続きを読む



現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わ… 続きを読む



世界遺産都市レーゲンスブルクの秘密

[2016/12/30] 吉村 美佳

世界遺産ということは、勿論レーゲンスブルクは観光都市である。と同時に、大学や単科大学がある、学生都市でもある。人口の5人に1人が学生。そんなレーゲンスブルクは、レストランとカフェの割合が、ドイツでも一番多いのだとか。お皿に乗り切らないほど大きなピザを焼くお店もあれば、陽気なお兄さん達が経営するケバブのお店も、世界最古のソーセージ屋さんもある。ドイツ最古の喫茶店(1686年営業開始)もあれば、最も北にあるイタリアの街らしく、美味しいカプチーノを提供するお店も何件もある。 続きを読む



ウィーンのオクトーバーフェスト「Wiener Wiesen Fest」

[2016/08/30] バレンタ愛

ビールのイベント=子供は出禁?なのかと思いきや、そうではなく家族連れでも楽しめるのです。毎日12時30分から17時には子供向けプログラムがあり、プラーター公園内の遊び場やアトラクションなどと組み合わせて気軽に子連れでも立ち寄れるイベントになっています。テント内は喫煙OKなのでテラス席の方がお勧めですが・・・。そして外せないのがグルメ。ビールはもちろんソーセージやハムなども美味しいですが、グリルチキンが名物とか。他にもベーカリーや軽食などが用意されていますので気軽に立ち寄ってみてくださいね。 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

今この店での人気はトルコ式朝食およびブランチのカフヴァルトゥ(kahvalti)。なんと食べ放題でしかも紅茶付きなのです。コールドメニューから暖かいものまでホテルのビュッフェ並みの品ぞろえで味も保証付き。スープ、オリーブ、チーズは勿論、バケットからターキッシュブレッドまでパンの種類まで豊富。オプションでトルコ式のソーセージエッグなどがオーダーできます。お得で充実した内容のためトルコ系やモロッコ系住民だけではなく、おなかを空かせたオランダ人学生グループ、地元の家族連れや会社員もこのビュッフェを楽し… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ソーセージ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。