「ソーセージ、国」に関連する現地ガイド記事

「ソーセージ、国」に関連する現地ガイド記事

ソーセージ、国に関する現地ガイド記事を集めました。ソーセージ、国の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ワイン好きにはたまらない! Salon des Vins ワイン見本市

[2018/01/30] 竹内真里

2017年11月30日から12月4日、パリのPorte de Versaillesの展示会場で第39回Salon des Vins des Vignerons Independants(ワイン見本市)が開かれました。毎年100000人が訪れる大人気のイベントです。パリだけでなく、リヨン、ストラスブール、ランス、リール、ボルドー、レンヌ、ニースなどでも開催されています。多くの人が訪れるそのワケは、フランスの各地域から集まったブドウ生産者から直に彼ら自慢の商品を購入できること。作り手の顔が見えるのは… 続きを読む



本場のラクレットが、スイスで1年中食べられるカジュアルレストラン「ラクレット・ファクトリー」

[2018/01/10] 岩澤里美

とかした薄切りチーズを蒸したポテトにかけて食べるラクレットは、スイスの冬の風物詩です。私の印象では、ラクレットは、もう1つの名物チーズフォンデュ以上に人気です。フォンデュは1つのお鍋に入れたチーズソースですが、ラクレットは風味が多様で選ぶ楽しみがあります。ラクレットは、最近は夏祭りのスタンドにも出ていたりして、夏場でも食べる人たちが多くなってきました。そんなラクレットが、季節を問わずに楽しめるレストランが2016年12月にチューリヒに登場しました。その名も「ラクレット・ファクトリー」という50席… 続きを読む



好きな人にはタマらない!ペルーは知られざるモツ料理天国

[2017/11/11] 原田慶子

その美味しさで注目を集めるペルー料理。鮮魚のレモンマリネ「セビーチェ」や、牛肉の炒めもの「ロモ・サルタード」、ペルー原産の黄色いジャガイモ料理「カウサ」などがその代表としてよく紹介されるが、実はモツ(内臓)を使った料理も豊富だ。一番人気はトウガラシやニンニク、ビネガーなどで作ったマリネ液につけ込んだ牛ハツを、炭火でさっと焼いた「ANTICUCHO(アンティクーチョ)」。ペルー人の誰もがお気に入りの店を持つほど親しまれる料理だ。このアンティクーチョ以外にもペルーにはオススメのモツ料理がたくさんある… 続きを読む



ドイツで一番早く朝日が昇る町、ゲルリッツ

[2017/11/02] 沖島博美

ドイツ東部への旅行では、ドレスデンまで行ったことあっても、それより東の町へはなかなか行く機会がないのでは。ほとんど紹介されていないので、馴染みのない町ばかりかもしれない。そこを敢えて挑戦しよう。それこそ穴場発見の旅だ。思い切ってドイツで一番東の町へ行ってみよう。旧東ドイツの町には、行ってみると意外と美しく、さらに面白い発見があったりする。今回紹介するのはゲルリッツ。ドイツで真っ先に朝日を見るのは我々だ、と市民は自慢している。ドイツとポーランドの国境の町で、かつてはポーランド側もゲルリッツだった。… 続きを読む



サンティアゴのストリートフードはいかがなもの?

[2017/11/01] 鰐部マリエ

みなさんこんにちは。チリの路上で食べる料理はどんなものを想像しますか?今回は、チリのサンティアゴで食べるストリートフードについてお伝えしたいと思います。新市街ではあまり路上販売する人を見かけませんが、その他の地域の地下鉄の出入り口や旧市街のあるマス広場周辺ではチリ人や移民たちが色々なものを売っている姿を見ることができます。レストランで食べるのもいいですが、時には地元の人たちに交じってストリートフードを食べてみるとチリの国をより一層身近に感じることができるかもしれません。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ソーセージ、国」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。