「ソーセージ、国」に関連する現地ガイド記事

「ソーセージ、国」に関連する現地ガイド記事

ソーセージ、国に関する現地ガイド記事を集めました。ソーセージ、国の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

今回は、レーゲンスブルクのお土産のヒントとなるお店を5つ紹介します。まず、ドイツ最古の喫茶店*、カフェ・プリンツェスのチョコレート。食べてみるとびっくり!何層にもなっていて、手が混んでいるんです。特にクリスマス前2〜3週間は、長蛇の列。ということは、やはり一度は食べてみたいですね。店内は、1階がチョコレートなどの売り場、2階がカフェです。夏は、テラス席がいつも満員。チョコレートを1階で注文すると、2階の喫茶店でコーヒーと一緒に運んでもらえます。カフェは、1686年営業開始。お店の向かい側は、当時… 続きを読む



現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わ… 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



古き良き時代を彷彿させるブダペストのホテル・アストリア

[2016/08/02] Hiromi

ブダペストの左岸、ペスト側には小環状道路があり、その外側には更に大環状道路がある。環状と言ってもドナウ川に面して半円を描くような大通りなのだが、大環状道路の内側がブダペストの中心部で、観光のおもな見どころは殆どこの範囲内にある。2つの環状道路を突き抜けて3本の大通りが走っており、1つは西ヨーロッパからの国際列車発着所である東駅に、1つはブダペストきっての目抜き通りであるアンドラーシ通り、もう1つは国内線発着駅の西駅に通じている。3本の大通りの下には地下鉄が走っているという便利さ。19世紀後半に建… 続きを読む



古都ジョグジャカルタ散策にピッタリのカジュアルホテル

[2015/12/16] 田尾蓮果

バリ島の隣にあり、首都ジャカルタを擁するジャワ島。この島の中央部に位置するのがジョグジャカルタだ。バリ島から飛行機で約70分、ジャカルタからでも1時間ほどの距離になる。インドネシアの中で唯一、独立以前からの王の存在が今でも許されている「特別州」で、「古き良き」という言葉がよく似合う街、古都としても知られている。近くには世界遺産ボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡群があるほか、市内には現在も王様が住むインドネシア式王宮、水の離宮遺跡などもあり、国内外から大勢の人が訪れる。そんな情緒たっぷりの街に1… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ソーセージ、国」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。