「タイ、美、島」に関連する現地ガイド記事

「タイ、美、島」に関連する現地ガイド記事

タイ、美、島に関する現地ガイド記事を集めました。タイ、美、島の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モルディブの手が届くラグジュアリー、アマリ・ハヴォダをおすすめする理由

[2016/11/20] 古関千恵子

比較的新しくリゾートがお目見えしたガー・アリフ環礁に2016年2月オープン! 周囲はイルカが暮らすエリアで40頭もの群れの目撃談も。またハウスリーフが上質なことで知られ、約1時間半かけて一周するスノーケラーもいるほど(到着の桟橋付近の海がオススメ)。ちなみに、島のサイズは250×800メートルで、歩いたら一周約25分。タイを中心に展開している“アマリ”ブランドの一員で、ホテルランク的には4ツ星プラス。けれど、「実質は5ツ星の“アフォーダブル・ラグジュアリー”(手の届く贅沢)」との声も。ハネムーン… 続きを読む



シュタルンベルク湖畔でルードヴィヒ二世を偲ぶ

[2016/09/16] 沖島博美

ミュンヒェンから郊外電車Sバーンで30分足らずのシュタルンベルク湖。ここには19世紀のバイエルン王ルードヴィヒ二世を追悼する礼拝堂、そして十字架がある。ドイツ・ロマンティック街道の最終地フュッセンに聳えるノイシュヴァンシュタイン城。街道のフィナーレを飾るにふさわしい城だ。この城を築いたのがルートヴィヒ二世だった。彼は18歳という若さでバイエルン国王に即位した。身長190センチで細身、端正な顔立ちで、それまでのバイエルン国王にはいない容姿端麗な王が誕生した。ある伯爵はルートヴィヒ二世のことを、多く… 続きを読む



注目度No.1 ミャンマーは自然そのままのビーチ

[2016/07/27] 田島みえ

アジアのビーチリゾートといえば、タイやフィリピンは透きとおるような海と洗練されたホテルとカップルでも家族連れでも楽しめるアクティビティーで人気の休暇旅行先です。ところが、知る人ぞ知る美しいビーチがミャンマーにもあり、それが最近のミャンマーブームで注目を集め、ついには世界最大の旅行口コミサイトで「アジアのベストビーチ」にランクインしました。ガパリ、ミャンマーの西部ベンガル湾沿いにある白浜がひたすら続くビーチです。 続きを読む



ロケーション&CP抜群のブティックホテルはひとり旅にもオススメ!

[2016/06/22] 根本聡子

バンコクから飛行機で1時間ちょっとで到着する、紺碧の海に囲まれたリゾート地サムイ島。ダイビングをはじめ、様々なマリンスポーツを楽しんだり、海を見ながらのんびり過ごすのに最適な人気のリゾートです。また島内の宿泊施設はバックパッカー御用達の安宿から、ハネムーナーにもオススメな高級リゾートまでバリエーション豊かなので、シーンやバジェットに合わせて選べるのも人気の理由になっています。そこで今回はバジェットは低めだけど、リゾート感は味わいたい! という「いいとこ取り」なホテルをご紹介したいと思います! 続きを読む



オンザビーチに誕生したアリラ・スミニャックで、オンリーワンな”アリラ体験”を!

[2016/05/21] 古関千恵子

ビーチクラブ「ポテトヘッド」など人気スポットに隣接、スミニャック・スクエアも徒歩圏内、バリ島で最もホットなエリア、スミニャックのオンザビーチに2015年10月に開業。オープンな造りのレセプションは、壁の一画をみずみずしい緑のプラントウォールが覆う、スタイリッシュかつエコなデザインです。レセプションからはリゾートを一望でき、中央にある寺院も見渡せます。そしてチェックイン時にリフレッシング・ミストをスプレーしてもらうと、まるでシフトチェンジしたように気分はアリラ・ワールドへ解き放たれます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 タイ、美、島」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。