「タルト」に関連する現地ガイド記事

「タルト」に関連する現地ガイド記事

タルトに関する現地ガイド記事を集めました。タルトの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

手軽にシリアルを食べるカフェ レトロな雰囲気にひたれるCereal Killer Cafe

[2019/08/04] 岩澤里美

ここでは、シリアルと牛乳というオーソドックスな食べ方以外にも、シリアルを楽しめます。シリアルを衣にしたチキンナゲット、同じようにシリアルでコーティングしたフライドポテト、シリアル入りのハンバーガー、シリアル入りの各種ドリンクなどです。アメリカで絶大な人気を誇るというお菓子ポップタルト(Pop tarts)2枚で、シリアル入りアイスクリームを挟んだ一品もあります。私は、このサンドイッチを食べてみました。すごく甘いのではと想像しましたが、割合とさっぱりしていて驚きました。シリアル入りのアイスクリーム… 続きを読む



台湾パイン缶の歴史と缶詰体験の新スポット!高雄パイン缶詰工場「台湾鳳梨工場」

[2019/04/21] 中園 まりえ

カフェスペース「旺來會社」では、有機栽培のパイナップルを使ったこだわりスイーツを味わうことができます。一番人気の「招牌旺來冰〜パイナップルかき氷」(120元)は、数種類のパイナップルコンポートと特製パイナップルアイスがのったボリューム満点のかき氷。また、お茶やコーヒーのお供には「杏仁鳳梨塔〜パイナップルタルト85元」がオススメ。香ばしいアーモンドとパイナップルの組み合わせが最高です。デザートの他には、オリジナルパイナップルケーキやドライパイナップルなどお土産になりそうなパイナップル関連商品もあり… 続きを読む



バスティーユ方面に来たら寄ってみたいPause Cafe

[2019/02/25] 竹内真里

デザートには、アイスクリームやチョコレートケーキのほか、レモンタルトやガトーバスク(ダークチェリーが入ったケーキ)がありました。ケーキ類のお値段は6ユーロほど。全体的に定番メニューの選択肢も多いほか、その日のおすすめメニューの種類が豊富なので、きっと食べたいものが見つかると思います。ちょっとお食事に、お茶しに、気軽に行ってみてください。Pause Cafe所在地: 41, Rue de Charonne 75011 Paris電話番号: 01 48 06 80 33最寄駅:メトロ8号線 Ledr… 続きを読む



食べ物もワインもおいしいアルザス地方をちょっと覗き見

[2018/12/10] 竹内真里

アルザスでレストランに入ると、必ずといっていいほどある品目がタルトフランベです。見かけはピザに似ていますが、生地が薄っぺらくサクサクしていてとても食べやすいです。濃厚な生クリームをベースに玉ねぎ、ベーコンをちらしたものが定番ですが、現地のチーズとベーコン、緑鮮やかなネギをちらしたものなど数種類の味があります。いずれも塩っけが強いので、ビールとよく合います。簡単で短時間で作れるので、家庭でも急な来客時にササッと作って出すようです。アルザス地方のスーパーマーケットには、タルトフランベ用の生地が売って… 続きを読む



行列ナシ、フォトジェニック、日本未上陸とオイシイことだらけなロールアイスはいかが?

[2018/11/10] NEMO

アイスのオーダー方法は2つ。1つめはベースとなるアイスのフレーバーからトッピングまですべて自分で選んでオリジナルのアイスを作る方法。そして2つめがお店側がオススメするシグネチャーフレーバーからセレクトする方法です。どちらも日本語のメニューがあるので、オーダーは難しくありませんがフレーバーが多過ぎて、何を選んでいいのか悩むところ。なので、初めての人やオーダーが面倒な人はシグネチャーフレーバーから選ぶのがオススメです。シグネチャーフレーバーはメニューに写真も載っているのでイメージと違った…なんてミス… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 タルト」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。