「タルト」に関連する現地ガイド記事

「タルト」に関連する現地ガイド記事

タルトに関する現地ガイド記事を集めました。タルトの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

行列ナシ、フォトジェニック、日本未上陸とオイシイことだらけなロールアイスはいかが?

[2018/11/10] NEMO

アイスのオーダー方法は2つ。1つめはベースとなるアイスのフレーバーからトッピングまですべて自分で選んでオリジナルのアイスを作る方法。そして2つめがお店側がオススメするシグネチャーフレーバーからセレクトする方法です。どちらも日本語のメニューがあるので、オーダーは難しくありませんがフレーバーが多過ぎて、何を選んでいいのか悩むところ。なので、初めての人やオーダーが面倒な人はシグネチャーフレーバーから選ぶのがオススメです。シグネチャーフレーバーはメニューに写真も載っているのでイメージと違った…なんてミス… 続きを読む



ロンドン満喫 2階建てバスのアフタヌーンティーツアー byカフェ「Bベーカリー」

[2018/11/07] 岩澤里美

真っ白い壁にショッキングピンクの文字「Bベーカリー(Brigit's Bakery)」が目を引くカフェは、店内も明るくて可愛らしくて、長居したくなる、こじんまりした心地いい場所です。基本のアフタヌーンティーは、上段が、タルトやカップケーキなどボリュームたっぷりのケーキ、中段がスコーン(イギリスの伝統的なクロッティドクリームとイチゴジャム付き)、下段がキッシュ・ロレーヌやサンドイッチなどの塩風味の軽食です。これに搾りたてのオレンジジュースと、豊富な種類から選べる紅茶かコーヒーがつきます。月〜金は3… 続きを読む



美しいモンブランの麓にある街シャモニー

[2018/10/10] りんみゆき

モンブランとはフランス語で「白い山」という意味。シャモニーのケーキ屋さんには日本でお馴染みの栗のモンブランとはちょっと違うモンブランがあります。それはメレンゲとマロンでできたムースのようなもの。まさに「白い婦人」とよばれているモンブランの山のようです。このケーキ屋さんにはほかにもフルーツタルトやチョコレートエクレアなど、芸術品のようなきれいなスイーツがあってキッズやスイーツ好きにはたまらないところ。持ち帰ってもオッケー、ショップにはカフェテラスエリアもあるので、そこでコーヒーを飲みながらいただく… 続きを読む



伝統料理の美味しさを再発見 パリ15区にひっそりとたたずむレストランLe Belisaire

[2018/09/28]

本来は前菜とメインのコースにしていたのですが、このレストランの虜になってしまったので急遽フルコースプランに変更。選んだのはタルト・タタン風なデザートでした。クリームの上にはザラメが付いている…と思ったらビックリ。口に入れるとパチパチと弾けるのです。新しい刺激のある食感と共に伝統的な味のコンビネーション。やはりフルコースプランに変更した価値がありました。ゆっくり、じっくりと味わった後にはシェフが「アリガトウ」と挨拶してくださいました。アットホームな雰囲気でなおかつ繊細なフランス料理を味わえるレスト… 続きを読む



これぞリヨンのレストラン アットホームな「ブッション」でリヨン名物を食べ尽くす

[2018/06/12]

デザートには鮮やかな赤に惹かれてリヨン名物のお菓子「プラリーヌ」を使用したタルトを選びました。「プラリーヌ」とはアーモンドに砂糖を絡め、結晶化させたお菓子。そのプラリーヌを使って作ったのがこのタルトです。前菜、メインと食べた後には少々重いかもしれませんが、リヨンならではのデザートなので、お見逃しなく。特に甘党な人には是非デザートまでしっかり頂いて下さいね。ちなみにレストラン(ブッション)を出て、細い通路を渡ったらすぐに印刷博物館の入り口があります。木版や活版、写植など、リヨンの印刷技術の歴史を知… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 タルト」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。