「ダイアナ、アルマ橋」に関連する現地ガイド記事

「ダイアナ、アルマ橋」に関連する現地ガイド記事

ダイアナ、アルマ橋に関する現地ガイド記事を集めました。ダイアナ、アルマ橋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モダンなセレクトカフェ カフェ・ド・ラルマ

[2010/02/22] 田中知子

エッフェル塔の近くにセーヌ川にかかるアルマ橋があります。この橋の脇の広場には金色の不思議な形のモニュメントがあります。このモニュメントの名前は自由の炎。1989年に仏米友好関係の証しにアメリカからフランスに寄贈されたものですが、この広場の真下のトンネルでダイアナ妃が亡くなってからダイアナ記念碑ともなっています。エッフェル塔からセーヌ川をお散歩して、テラスのあるカフェで一息なんていかがですか?今日はおしゃれでセレクトなカフェ カフェ・ド・ラルマをご紹介します。 続きを読む



映画の舞台【ポンヌフの恋人】をはじめ、色々な映画に登場するセーヌ河の橋

[2008/09/18] 大塚ばつ丸

パリを流れるセーヌ河にかかる橋はどれも個性的で、いろいろな映画に登場している。今回はセーヌにかかるたくさんの橋から4つを選んでご紹介したい。なかでもよく知られている「ポンヌフの恋人」はその橋のひとつポンヌフでホームレス生活を送る男が主人公の映画。ポンヌフを直訳すると「新しい橋」になるが、実はセーヌの橋の中で最も古い。映画は実物を忠実に再現したセットを南仏に作り、そこで撮影が行なわれたという。両岸の建物まで実物そっくりに作られているせいか実際のポンヌフで撮影されたように見える。しかし残念なことに、… 続きを読む



ダイアナ妃を偲んで…アルマ橋からセーヌを歩く モダンなカフェ「bert’s」でゆったりと

[2008/03/13] 田中知子

パリ16区、セーヌ川に架かる橋の一つに、アルマ橋があります。このアルマ橋脇の広場には金色の不思議な形のモニュメントがあります。実はこれ、1989年に仏米友好関係の証しにアメリカからフランスに寄贈されたものですが、10年前のあの悲劇以降、ダイアナ妃を偲んで花束が絶えないダイアナ記念碑ともなっています。エッフェッル塔からシャンゼリゼ方面へのんびりと歩きたい時などに、このアルマ橋を渡り、自由の炎にお立ち寄りになるのはいかがでしょうか? 広場の向かいにはカフェが数件ありますが、カジュアルで気ままに入れる… 続きを読む



人類学を楽しく学べる、斬新デザインのケ・ブランリー博物館

[2007/11/01] 夏樹

2006年に開館したばかりのケ・ブランリーは、新しいコンセプトの人類博物館です。従来の博物館のホコリっぽいイメージは、もう過去のもの。人類学を、現在と深い関わりのあるものとして、楽しく理解できるように工夫されています。シラク前大統領はアジア、とくに日本通として知られていますが、そのほか、アフリカやオセアニアの原始文化にもなみなみならぬ興味を寄せていて、この博物館開館に惜しむことなく尽力しました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ダイアナ、アルマ橋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。