「チェコ、デパート」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、デパート」に関連する現地ガイド記事

チェコ、デパートに関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、デパートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

幻想的なプラハを体験できる、クリスマス・マーケットへ行こう!

[2009/11/03] 有賀みかる

既に10月半ばになると日本の真冬並みの寒さが続き、デパートやお店が少しずつクリスマス仕様に変化します。今年は初雪が早かったせいか一段と冬を感じるプラハ、時には寒すぎて屋外に出たくなかったりするのですが、それでも楽しみに出かける場所がクリスマス・マーケット。スパイスが効いたホットワイン「Svarak(スヴァジャーク)」を片手に焼き栗やアーモンドの砂糖漬け、ジンジャークッキーといった季節のお菓子、アツアツのソーセージやブランボラーク(チェコ風じゃがいものお好み焼き)などをつまみつつ、広場に並んだ屋台… 続きを読む



プラハのキュビズム建築探検はここから―「黒い聖母の家」

[2008/05/27] 有賀みかる

美味しくて安いビールに美しい中世からの街並み、お城、音楽…チェコの魅力はいろいろあれど、絶対にハズせないものをひとつだけあげるとしたら、それはキュビズムの建築! なぜなら世界広しといえど、この様式の建築はチェコにしかないからです。しかもキュビズム建築は20世紀初めのわずか10数年のブームで、アールデコや機能主義建築にとって代わられた期間限定作品。そんな珍しいスタイルがまとまって見られるのがプラハの街。中でもキュビズム博物館のあるこの「黒い聖母の家」、通称「ブラック・マドンナの家」は、上から下まで… 続きを読む



シュールなもの続々発見! プラハのブラックアート散歩

[2007/11/07] 有賀みかる

プラハの旧市街にあるフソヴァー(Husova)通りは、クリントン元米大統領がチェコを訪問した際に当時のヴァーツラフ・ハヴェル大統領が連れていったという有名なビアホール、「黄金の虎」(Husova通り17番)があることで知られています。ビール通の間であまりにも有名なこの店を右手に見つつ同じ通りを少し南(デパート・テスコのあるNarodni通り方面)に歩き、ふと上を見上げてみてください。ぎょっとするトンデモない銅像が目に入るはず。今にも落ちそうな、小柄な背広のおじさまが片手だけでつかまっているのです… 続きを読む



素朴でキュートなチェコのキッチン雑貨

[2007/10/31] 有賀みかる

どこの国でも、スーパーやお店に並ぶ商品の移ろいを見て季節を感じることができますよね。クッキー生地やクッキーの型、お菓子材料などが充実してくると、もうすぐクリスマスだ、と思うのはチェコならでは。なぜならチェコの多くの家庭では、クリスマスにたくさんのクッキーを焼くのが欠かせない伝統だからなのです。ちなみにチェコのクリスマス料理といえば鯉の唐揚げとポテトサラダが定番なのですが、クッキーは本当にたくさんの種類があって、まるでお節料理のような意気込みで、チェコ人女性たちはせっせとこれに取り組むのです。 続きを読む



レトロなデパート、ビーラーラブチ(白鳥)百貨店でお土産探し!

[2007/10/10] 有賀みかる

プラハ・ルズィニィエ空港からのアクセスも便利な共和国広場。かれこれ2年以上建設中の巨大ショッピングモールが、2007年10月末にオープンするとあって、プラハっ子も注目のエリアです。でもこの周囲には、共産主義時代から今も細々営業しているレトロなデパートが2つあります。ひとつが、広場からすぐのコトヴァ百貨店。そしてもうひとつが、ナ・ポジーチー通りを少し入ったところにある、さらにレトロなビーラー・ラブチ(白鳥)百貨店。一応衣料品から家具まで、一通り揃った百貨店なのですが、明らかにお客より店員さんの方が… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、デパート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。