「チェコ、ビール」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、ビール」に関連する現地ガイド記事

チェコ、ビールに関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、ビールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

一種類の黒ビールを造り続けて500年以上 / プラハのビアホール、ウ・フレーク

[2018/02/13] 岸 博美

チェコならビール、ビールならチェコ、と言われるようにチェコはビール王国だ。世界で醸造されるほとんどのビールは下面発酵のラガーで、ここに属するピルスナーは世界のビールの主流。日本のビールはほとんどがピルスナースタイルだ。このピルスナー発祥の地がボヘミアの町プルゼニュであることからも、いかにビール醸造でチェコが優れていたかが伺える。チェコビールの銘柄では、ピルスナービールの元祖であるピルスナー・ウァクヴェルや南ボヘミアの町チェスケー・ブジェヨヴィッツェで造られているブジェヨヴィッツェ(英語名でバドワ… 続きを読む



ロンドンのクラフト・ビールを味わおう!ワイルド・カード・ブルワリー

[2017/09/02] ディキンソン恵子

ここ数年間、クラフト・ビールの人気はうなぎのぼり。クラフト・ビールのみを扱ったビールのフェスティバルも、イギリス各地で開催されているほどです。ビール醸造所はイギリス国内になんと1700以上もあるそうで、年間8%の割合でさらに増えているのだとか。そんな背景もあり、ロンドンでも原材料から厳選した小規模な醸造所が増加し、気軽にマイクロ・ブルワリーのビールを飲めるようになりました。今回ご紹介するのは、地下鉄ヴィクトリア線の北の最終駅ウォルサムストウ・セントラルの近く、住宅街の一角にある町工場団地の中にあ… 続きを読む



美しい街並みのリトミシュルと偉大なスメタナ

[2017/08/31] 岸 博美

チェコにはあちらこちらにスメタナ所縁の地があるが、その中で最も重要な町がリトミシュルである。何といっても彼の生まれ故郷であり、スメタナが生まれた建物や部屋が記念館となって保存されているからだ。リトミシュルには世界文化遺産に登録されている城がある。スグラフィットと呼ばれる特別な技法で制作された壁をもつ館で、そのリトミシュル城の目の前にスメタナの生家があるのだ。何故ならば、スメタナの父親は城のビール醸造所で働くビールの醸造技師だったからである。スメタナは当然、後継ぎとしてビール醸造技師になるべく育て… 続きを読む



復活したニュルンベルクの赤ビール

[2015/07/07] 沖島博美

薪で焼いた小ぶりのソーセージ、ニュルンベルガーは外国からの観光客はもちろんのこと、いつも各地で美味しいソーセージを食べているドイツ人にも人気がある。ニュルンベルクはバイエルン州に位置するフランケン地方の中世都市。この辺りはワインの中でも格別質が高いと言われるフランケンワインの名産地だ。ニュルンベルクへ来たらフランケンワインを飲みながらニュルンベルガーを食べるもの、と思っていた。ところがニュルンベルガーに良く合うビールがあることを発見!それは赤っぽい色をした爽やか風味のロートビアRotbier、赤… 続きを読む



おいしさ倍増!? 醸造所で味わう地ビール

[2015/07/03] 田中ティナ

グローバル企業が造るビールが世界中どこで栓を抜いてもほぼ同じ味わいだとすれば、それはそれで、家を遠く離れた旅行先でも、安心していつもの味を楽しむことができるというメリットとなる。同時にあなたがもしビール好きであるならば、旅先で見つけた家内制手工業を絵に描いたような小さな醸造所が造り出すビールを試す勇気も持ち合わせているはず。クレーヴショー村に小さな工場を構えるクレーヴショー醸造所は、そんなビール党の好奇心を満足させてくれる地ビールメーカーだ。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、ビール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。