「チェコ、プラハ、おみやげ」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、プラハ、おみやげ」に関連する現地ガイド記事

チェコ、プラハ、おみやげに関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、プラハ、おみやげの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

毎日が縁日! プラハのカレル橋をそぞろ歩き

[2008/10/08] 有賀みかる

以前、夜景が美しいカレル橋を紹介しましたが、昼間のカレル橋はまた全然違う趣。旧市街と小地区を結ぶこの歩行者天国の橋、世界中からやってきた人たちでいつもいっぱいなのですが、プラハ観光でやっぱり見逃せないところ。ヨーロッパに古い石橋はたくさんあれど、両側を30の聖人像が立ち並ぶなか、昼間は小さなお土産屋さんなどの出店が途切れなく並び、まるで賑やかな縁日を思わせるカレル橋はとてもユニーク。650周年を迎えた去年からの工事が一部まだ続いていますが、是非ともお散歩ルートに加えてほしい場所のひとつです。 続きを読む



伝統的ビールだけじゃない、プラハの本格ビアホール「ウ・メドゥヴィートゥク」

[2008/08/05] 有賀みかる

ビールは国民的飲み物と断言していいチェコ。プラハの街を歩くと、観光エリアじゃない住宅街でも極端な話ワンブロックに1軒あるのでは?というぐらい大小さまざまなビアホールが存在しています。常連さんしか来ない昔からのビアホール、というのもいいけれど、ワイワイがやがや、気取らず広くて予約なしで入れることが多いお店は知っておいて損はなし。国民劇場などがあるエリアから程近い“熊ちゃん”という名のビアホール、U Medvidkuがちょうどそんなお店。いつも観光客で溢れているのに、同時にいつも地元の人もいて、店の… 続きを読む



ネルドヴァ通りの手作りマリオネット屋さん

[2008/04/03] 有賀みかる

チェコといえば、人形劇やパペットアニメが有名。せっかくチェコを訪れるからには、おみやげに本場のマリオネットがほしい、という方もいらっしゃるはず。プラハにはいくつかよいお店がありますが、そのうちのひとつ、ネルドヴァ通りにある手作りマリオネットショップを紹介します。ネルドヴァ通りのゆるやかな上り坂をプラハ城に近いところまでいった左手に、二つの太陽のレリーフがひときわ目立つ黄色い建物が見えてきます。ここはチェコの有名な詩人ヤン・ネルダが住んでいた家。現在1Fはレストラン、そのすぐ隣がマリオネットショッ… 続きを読む



深夜のおみやげ調達も可能! ハイパーマーケット「Tesco」

[2008/02/27] 有賀みかる

海外に行くと、地元の市場やスーパーマーケットを必ずのぞく、という方は多いはず。現地の人たちの生活が垣間見れるし、ホテルへ調達しておきたい飲物類や、おやつ、おみやげ調達と短い旅行でも何かと使える場所。たいていの小売店は18時ぐらいには閉店してしまいますが、プラハにはいくつか遅くまでやってるスーパーがあります。以前紹介した共和国広場のPalladiumや地下鉄ムーステックにあるアルベルトなどがそのひとつですが、24時まで開いているテスコ(Tesco)は中心からも近いアンジェル(Andel)にある、便… 続きを読む



東欧雑貨コレクションにも注目、「共産主義博物館」へ行こう

[2008/02/20] 有賀みかる

旧市街と新市街の境に、プラハで最も地価の高いといわれるナ・プシーコピエ通りがあります。共和国広場とヴァーツラフ広場をつなぐ賑やかなこの通り、銀行や映画館、レストランにインターナショナルなブティックがひしめき、資本主義の象徴のような場所。それなのにここには、ひっそりと共産主義博物館なるものがあります。すぐ隣にはかつて政敵だったアメリカの象徴のようなマクドナルド、豪華なロココ調のフロアには豪華なカジノ、と狙ったかのような好立地。しかも毎日夜21時までオープンしているので、観光後もゆっくり訪れることが… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、プラハ、おみやげ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。