「チェコ、プラハ、夜景」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、プラハ、夜景」に関連する現地ガイド記事

チェコ、プラハ、夜景に関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、プラハ、夜景の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハ一望!巨大な銅像を持つ丘の上の記念館

[2009/12/25] 有賀みかる

プラハの中心からそう離れていないジシコフという地区の高台に、ひときわ目立つ巨大な建物があります。ヴィートコフ記念館と呼ばれ、1930年代にチェコスロヴァキア独立を記念して建てられたもので、チェコの歴史を振り返る上で見逃せない場所です。この丘が選ばれた理由のひとつは、時は中世15世紀初めまでさかのぼり、チェコの宗教改革の最重要人物、ヤン・フス(異端として1419年火刑に処された)を熱狂的に支持するフス派の15年に渡る戦争勃発の場所として知られる場所、いわば外国からの解放の象徴とされたからのようです… 続きを読む



プラハを一望! 夜景も美しいジシコフ地区のTV塔

[2009/09/23] 有賀みかる

プラハは中世の街並み、古い建築の多い街ですが、そのほぼどこからも見える奇妙なグレーの目立つ塔があります。プラハ城からもよく見えるのでおとぎ話のような赤い屋根屋根の街並みを壊している、という意見もよく聞くジシコフ地区にあるTV塔がそれ。高さ216m、海抜474mを誇るプラハで最も高い場所のひとつ。共産党政権時代末期から取り掛かり、革命を経て1992年に完成、その後何度も取り壊し計画が浮上したものの、2000年には若手人気彫刻家ダヴィッド・チェルニーが手がけた巨大赤ちゃん像が塔の外側を飾り、独特の存… 続きを読む



毎日が縁日! プラハのカレル橋をそぞろ歩き

[2008/10/08] 有賀みかる

以前、夜景が美しいカレル橋を紹介しましたが、昼間のカレル橋はまた全然違う趣。旧市街と小地区を結ぶこの歩行者天国の橋、世界中からやってきた人たちでいつもいっぱいなのですが、プラハ観光でやっぱり見逃せないところ。ヨーロッパに古い石橋はたくさんあれど、両側を30の聖人像が立ち並ぶなか、昼間は小さなお土産屋さんなどの出店が途切れなく並び、まるで賑やかな縁日を思わせるカレル橋はとてもユニーク。650周年を迎えた去年からの工事が一部まだ続いていますが、是非ともお散歩ルートに加えてほしい場所のひとつです。 続きを読む



旧市庁舎の塔に登って、プラハの夜景を堪能しよう!

[2008/09/26] 有賀みかる

昔からたくさんの賞賛の言葉を持つプラハですが、目に見えて実感するのが百塔の街、というもの。プラハにある塔の数は、数える人によってまちまちですが、実際100以上あるのは確かなようです。教会などに付属している塔は登れるものが多いのですが、中でも旧市街広場の旧市庁舎の塔は、その眺めの素晴らしさで有名。海外からの観光客だけでなく地方からのチェコ人も訪れます。この手の塔、素晴らしい眺めと引換に、たいていは人ひとりやっと通れるぐらいの狭い螺旋階段をエッチラオッチラ…という苦労が待っているのですが、ここはなん… 続きを読む



犬好きチェコ人に混じってプラハのパノラマを楽しもう

[2008/01/22] 有賀みかる

住んでる人はもちろん、短い旅行でチェコを訪れてもすぐに気がつくのが、チェコには犬がやたらと多いということ。石畳の歩道を散歩してるだけでなく、トラムやバスにも当たり前のように乗っているし、スーパーマーケットの入口やお肉屋さんの入口、はたまた郵便局の前などにつながれて、じっとご主人様の買物をいい子に待っている犬たちもよく見かけます。日本ではあまり見ない種類の犬も多く、犬好きには観光もさることながら、犬ウォッチングが楽しいところ。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、プラハ、夜景」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。