「チェコ、プラハ、島」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、プラハ、島」に関連する現地ガイド記事

チェコ、プラハ、島に関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、プラハ、島の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハの街を守る守護聖人たち

[2017/12/18] 岸 博美

プラハ随一の観光名所、カレル橋は長さ約516メートル、幅約10メートルという大きな石橋だ。下を流れるヴルタヴァ川はプラハの町を右岸の旧市街と左岸のマラー・ストラナに二分して南から北へ流れていく。14世紀に架けられたというのに500メートル以上という非常に長い橋だが、気を付けて見ると橋の三分の一はマラー・ストラナの陸地の上に架けられている。マラー・ストラナ側に橋の塔があり、そこに昇ってみると橋の様子がよく判る。ヴルタヴァ川から引かれたチェルトフカ水路の上まで橋は架かっているので、このような長さにな… 続きを読む



プラハで最も狭いと言われる、道の奥へ

[2017/11/15] 岸 博美

プラハで最も狭い道って、どこだろう?中世の街並みをそのまま残したプラハでは、どこへ行っても石畳の狭い路地にぶつかる。それらの路地はそれぞれに趣があって、どこも歩いてみたくなる小道ばかりだ。ヴルタヴァ川左岸のマラー・ストラナ。ここは高台にプラハ城が聳える城下町で、旧市街広場がある右岸よりも先に発達した地区だった。マラー・ストラナ広場から、まずはカレル橋の方へ行ってみよう。橋を渡らずに手前で左へ折れる。ヴルタヴァ川と平行に走る通りがあり、その途中に“プラハで一番狭い道”がある。ウ・ルジツケーホ・セミ… 続きを読む



プラハで探そう、気に入った自分の散歩道

[2017/11/01] 岸 博美

旧市街市場広場やカレル橋など、メジャーな道は常に観光客でいっぱい。朝早くから夜遅くまで人の波が絶えず、自己ペースで歩くのもままならないほどだ。そこでプラハが大好きで何度も訪れている人は、メジャーな観光コースを外れて裏道小道を散歩してみよう。ヴルタヴァ川の左岸、プラハ城下に広がるマラー・ストラナ地区は、17世紀以降に城を増改築する職人が住み着いた所。マラー・ストラナ広場から城へ上がっていくネルドヴァ通りは観光客で溢れているが、カレル橋を渡った右側に広がる地区は行き止まりの路地が多くて独特の風情があ… 続きを読む



超穴場! 地元民にも知られていないアンティーク家具屋さん

[2009/10/22] 有賀みかる

今回紹介するのは、地元のプラハっ子にもあまり知られていないであろうアンティーク家具屋さん。といってもトラムで中心から20分ぐらいのところにあるプラハ8区のリベンと呼ばれる地区で、地図さえあれば辿り着ける場所。トラムの停留所Libensky mostを降りてすぐ北側に、ヴルタヴァ川に半島のように突き出したリベン島があります。かつては様々な船を製造していた工場地区だったエリアで、今も決して賑やかではありませんが、その工場の建物跡を利用して、いくつか家具ショップができています。 続きを読む



国内旅も近隣諸国へもバス旅行ならここから 「プラハ・フロレンツバスターミナル」

[2009/07/22] 有賀みかる

「ヨーロッパのハート」と言われるチェコ。中欧に位置し、陸路で簡単に諸外国へ行けるのも魅力のひとつ。さほど広くないチェコ国内でも、例えばプラハにつぐ第二の都市ブルノは、プラハよりも距離的にはずっとウィーンに近かったり、人気のチェスキー・クルムロフもドイツやオーストリアの都市に近く、国の概念をとりはらって都市単位で地図を眺めてみると、電車やバスを乗り継いで中欧の都市をめぐるのは意外と簡単なことがわかります。そんなときに頼りになるのが大きなバスターミナル。ここまで辿り着けば、行きたいところへ自由自在に… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、プラハ、島」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。