「チェコ、広場」に関連する現地ガイド記事

「チェコ、広場」に関連する現地ガイド記事

チェコ、広場に関する現地ガイド記事を集めました。チェコ、広場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハで一番の人気者、橋の上のヤン・ネポムツキー

[2017/04/06] 岸 博美

初めてプラハを訪れた人が、まずは最初に行くのはカレル橋であろう。プラハ城があるマラー・ストラナ地区と旧市街とを二分するように流れるヴルタヴァ川に架かる橋である。全長およそ515メートルの長い橋で、幅は10メートル近くもある。車は通れないため橋の上はまるで細長い広場のように屋台が並び、あちらこちらでパフォーマンスが繰り広げられている。中心部には旧市街広場という大きな広場があるが、賑やかさはカレル橋も負けていない。屋台やパフォーマンスの前では人が立ち止まるが、いつも人垣ができている所がある。それは橋… 続きを読む



ペルーの大統領宮殿を見学!

[2015/03/28] 原田慶子

世界文化遺産にも登録されているリマ旧市街の歴史地区。その中核をなすのが、アルマス広場の北側に建つ「PALACIO DE GOBIERNO(大統領宮殿)」だ。ここは歴代ペルー大統領の公邸であり、国を統べる重要な場所だが、決して閉ざされた空間ではない。なんと毎週土日の朝10時から、宮殿内を巡るガイドツアーが行われているのだ。事前予約が必要だが、ツアー料金は無料。案内はスペイン語だが、土曜日に限り英語ガイドも手配できるという(予約時に英語ガイド希望と伝えること)。予約はツアー専用ホットライン(後述)の… 続きを読む



目抜き通りのレストランでハンガリー名物料理がセット・メニューに

[2014/07/02] Hiromi

 ここはブダペストの目抜き通り、ヴァーツィ・ウッツァVaci Utca。有名なカフェ・ジェルボーがあるヴェレシュマルティ広場から自由橋近くの中央市場まで延びる歩行者専用道路だ。両側に並んでいるのは主にショップ、レストラン、カフェ、ホテルなどで、一年中観光客で賑わっている。ヴァーツィ通りには19世紀末から20世紀初頭にかけて建設された美しい建物がいくつか残されている。華麗なパサージュが際立つブルダーハウス、ファサードが見事なト―ネットハウス、豪華ホテルとなったクロティールドハウスなどなど。そしても… 続きを読む



未来型立ち乗りスクーター、セグウェイでプラハ観光!

[2012/06/25] 有賀みかる

プラハを歩くと、ちょっと見慣れない乗り物を目にすることがあります。両輪が付いたステップに足を並べて立ち、垂直にのびたハンドルを操作して進む電動二輪立ち乗りスクーター、その名もセグウェイ。最高速度時速30kmのこの乗り物、もちろん歩くより早くいろんな場所へラクに移動できますし、坂道や石畳、砂利道やちょっとした段差もスイスイ。坂道が多くて全て徒歩だとかなり疲れるプラハ観光にはもってこいの未来型乗り物。車と同じぐらいの移動能力がありながら、どこか徒歩の感覚もある、不思議な体験がツアーで気軽に楽しめます… 続きを読む



「ハン・ハリーリ」を探索して、色々な種類のビーズをゲットしよう

[2012/04/09] すまーふはなこ

観光客に人気のスーク(市場)、「ハン・ハリーリ」は、お土産だけでなく、衣類や香辛料、食品などの日用品、貴金属やアンティーク、古ぼけたジャンク品など様々なものを売るお店が、雑多に集まった場所です。14世紀頃から商人がこの場所に集まり、何世紀もの歴史に渡って、カイロの商業の中心になっていました。当時の建物が現在でも残っており、世界遺産でもある古びた建物に、色鮮やかなお土産品が並べられている、不思議な光景が見られます。迷路のように狭い道が複雑に入り組み、袋小路の道がいくつもあり、地図を持っていても迷う… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェコ、広場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。