「チェンドル」に関連する現地ガイド記事

「チェンドル」に関連する現地ガイド記事

チェンドルに関する現地ガイド記事を集めました。チェンドルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

安くて美味しい!クロボカンに新登場の「ワルンデス」でインドネシア家庭料理を!

[2009/04/24] 田尾蓮果

店に入ると、おかずの並んだショーケースがある。まず、ここで食べたいものを選び、ごはんと一緒にナシチャンプルにしてもらう。ここではおかずにそれぞれ日本語の表記もあって、値段もキチンと表示されているので安心だ。もしも言葉が通じなくても、食べたいものを指させば盛りつけてくれるので心配はいらない。後は適当なところに座って待っていればいい。ナシチャンプルのパケット「パケット デス」は、好みの肉か魚1品、野菜3品、豆腐かテンペ(インドネシア版納豆)1品が選べ、ごはんがセットになっている。これだけあればおなか… 続きを読む



暑い時にはコレ!具沢山のマレーシア版カキ氷、「アイスカチャン」

[2008/10/06] 松浦紀子

アイスカチャンと並んで、インド系マレーシアンに人気なデザートが「チェンドル」。緑色のゼリーがのった、このデザート。見た目のインパクトに驚いてしまう人も多いはず。この緑色のゼリーは芋をアルコール発酵させた「タペ」というもの。ココナッツミルクにたっぷりの小豆がトッピングされています。カキ氷、またミキサーで砕いて、チェンドルジュースとしても売られています。こちらのデザートはタペに独特のクセがあるので、好き嫌いが半々に分かれます。しかしこのインパクトのあるチェンドルは旅の思い出ショットになることは間違い… 続きを読む



あれもこれも食べたい欲張りさんにもオススメ! ナシチャンプルでバリ気分

[2008/08/20] 田尾蓮果

この店で特筆すべきはドリンク類の種類の多さ。コーラなどの炭酸飲料やフルーツジュースはたいていの店にあるけれど、ここではそれ以外にも日本ではまず飲めないインドネシアの珍しいドリンクがいくつもあるのだ。ジャックフルーツとココナッツミルクがたっぷり入った「エス チェンドル」、ライチと寒天のような海藻が入った「エス サランブルン」など、どれもRp.6,000〜8,000(約70円〜95円)ほどで楽しめる。中でも私のイチ押しは写真の「エス スラシ」だ。これはクマンギというインドネシアンバジルの種とナタデコ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チェンドル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。