「チャンギ国際空港、ホテル」に関連する現地ガイド記事

「チャンギ国際空港、ホテル」に関連する現地ガイド記事

チャンギ国際空港、ホテルに関する現地ガイド記事を集めました。チャンギ国際空港、ホテルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

使い勝手と手軽さを両立させたフォーポイントバイシェラトン・シンガポール、リバービュー

[2017/04/01] 古関千恵子

旧リバービューホテルが「フォーポイントバイシェラトン・シンガポール、リバービュー」として、2016年7月に再始動。このブランドはインディペンデントな中間層の旅行者をターゲットとし、使い勝手の良さと、お手頃感が両立しています。名称にあるとおり、シンガポール川の河畔に位置し、対岸にはレストランやアートシアターなどが集まるロバートソンキーがあります。ショッピングが楽しいオーチャードロードや、各種エンターテイメントで賑やかなクラークキーまでも徒歩圏内。セントラルビジネスディストリクト(CBD)にも近く、… 続きを読む



チャンギ国際空港をホテル代わりに活用する!

[2010/07/12] 寺田直子

「世界のベストエアポート」で常に上位を占め、数々の受賞歴を誇るシンガポールのチャンギ国際空港。使いやすさ、利便性、あそびゴコロなど広大な空間にはさまざまな施設・サービスが備わっている。今回は、深夜にチャンギに到着したので「トランジット・ホテル」に宿泊することに。名前のとおりトランジット客のためのホテルなので、利用者は入国しないまま空港内で滞在するのが特徴。実は飛行機の乗り継ぎをしない場合でも宿泊可能なので、深夜に到着して市内の高いホテルに泊まりたくないときの穴場アコモなのだ。 続きを読む



シンガポール航空でオーストラリアへ!

[2010/02/17] 寺田直子

シンガポール航空はシンガポールをハブに世界各地へネットワークを広げているエアライン。エアラインランキングでは常にトップに入る人気ぶり。最新設備、アジア人アテンダントの愛らしいサービスなどソフト&ハードで私もお気に入りのエアラインのひとつだ。そのシンガポール航空が世界にさきがけて導入したオール2階建てのエアバスA380に乗って楽しめるのがオーストラリアへの旅。成田からメルボルンへはSQ637が、シンガポールからはSQ227便が共にA380を使用している。日本からオーストラリアへは東京からメルボルン… 続きを読む


12000円あれば存分に堪能できる、ベスト オブ シンガポールを一日で網羅!!

[2009/04/21] 葛西玲子

小さな都市国家シンガポール。ハブ空港としても名高いチャンギ国際空港から市内中心地まで20〜30分で移動できるという便のよさを生かして、シンガポールを経由して各地へ出かける行き帰りに、1日だけシンガポールに滞在する人も結構いるようです。滞在期間が短くても充分に名所を廻れるのが、シンガポールの魅力。無料の定番スポットも多いので、12000円の価値を最大に堪能できる王道フルコースの一日を楽しみましょう! 続きを読む



空港を遊ぼう!光と緑あふれる第3ターミナルがオープン

[2008/03/13] 葛西玲子

見知らぬ国に降り立って空港内に足を踏み入れたとき、匂いや空気の違いで、その国の第一印象を体感する場所が空港です。だからこそ、旅のはじまりは素敵な空港に迎えられたいもの。今年に入ってオープンしたばかりのチャンギ国際空港の第3ターミナルは、光と緑にあふれた解放的で快適な空間で、旅の高揚感を盛り上げてくれます。天井の高いコンコースの屋根「バタフライルーフ」は、自然光を自動制御する反射板を据えつけたユニークなシステムで、空間内に自然光を取り込みます。そしてトロピカルな植栽を植え付けた300メートルもの「… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チャンギ国際空港、ホテル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。