「チーズ、ドイツ」に関連する現地ガイド記事

「チーズ、ドイツ」に関連する現地ガイド記事

チーズ、ドイツに関する現地ガイド記事を集めました。チーズ、ドイツの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンガスビーフ100%!絶品バーガーショップ『THE BUTCHER』

[2017/11/26] テメル華代

THE BUTCHERは、アンガスビーフ100%の絶品バーガーが食べられるアムステルダムのハンバーガーショップです。毎日多くの人で賑わうアルバートカイプ市場や、下町のショッピングエリア『ネーヘン・ストラーチェス』、トラム車庫をリノベーションした『De Hallen』のフードホールなど、アムステルダムの人気スポットに次々と店舗をオープンしています。アムステルダムにある5店舗のうち1店は、『The Butcher On Wheels』と呼ばれる移動販売車です。イベント会場などで牛のマークの黒いトラッ… 続きを読む



レーゲンスブルクで食べるファーストフードと軽食

[2017/10/22] 吉村 美佳

12世紀に簡易食堂としてスタートしたのが、ヒストリッシェス・ブルシュトクッへです。世界最古のソーセージ屋さんと言われていますが、ソーセージを提供するようになったのは、実は1806年頃から。お店で座って食べることもできますが、ここではテイクアウトのご紹介。シュヴァルツ・キプフェルと言われる香辛料の効いたパンに、2本の焼きソーセージと、自家製のサウワークラウト、甘いマスタードが挟まれています。甘いマスタードは、バイエルン州でも南半分でしか食されないと言われるもので、こちらも自家製です。レーゲンスブル… 続きを読む



湖のほとりでオランダ名物パンネクックを

[2017/09/04] ミツフィ

干拓地の多いオランダでは運河の他に湿地帯も数多く存在します。オランダ名物の木靴は、元来は湿地帯での作業向けに作られたものです。このように水に縁がある国のなので湖沼も多く、周辺は人々の憩いの場として親しまれています。オランダ第4の都市ユトレヒト。中心部は中世からの伝統的な街並みが有名です。しかしそこから公共交通や自転車でちょっと足を延ばせば、やはり豊かな自然に巡り会えます。郊外のマールセフェーン湖は水が澄んでいることで有名で、夏場は湖水浴も楽しめます。 続きを読む



子連れのデュッセルドルフ街歩き

[2017/09/01] りんみゆき

ドイツの西部にある経済都市デュッセルドルフには成田から直行便で約12時間。経済都市とあって、ヨーロッパ最大の日本人街もあるので、もし旅行中に和食が恋しくなっても大丈夫。市庁舎のあるマルクト広場やアルシュタット(旧市街)の石畳を歩いていると、経済都市なんていう堅苦しい響きとは無縁な、古くてかわいい町並み。チョコレートパスタが売っているチョコレート屋さんも、あった!クリスマスマーケットの時期は賑やかで幻想的。 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チーズ、ドイツ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。