「デンプシー」に関連する現地ガイド記事

「デンプシー」に関連する現地ガイド記事

デンプシーに関する現地ガイド記事を集めました。デンプシーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

訪れる価値あり!見所満載のリビエラでメキシコ文化に触れてみよう

[2014/10/16] 宮谷千英

建物を入ると中は優雅なムーア様式の建物、つまりはイスラム建築なのだけれど、偶像崇拝を禁止したイスラム教は幾何学模様などが発展した。繊細なモザイクや贅沢なシャンデリアが出迎えてくれるこのリビエラは、実は1930年代にはカジノとホテルであった。ハリウッドの映画スター達がエンセナーダに来た時にギャンブルをしていた場所なのだ。一時期、有名なボクサーのジャック・デンプシーがカジノを経営していたらしい。華麗なる顧客の中には、ビング・クロスビーや、リタ・ヘイワース、ジョニー・ワイズミュラー、アリー・カーンなど… 続きを読む



都心から15分でたどりつける! ニューオープンのビーチバーで、チルアウトな休日を

[2011/01/22] 葛西玲子

そのなかでも新しいトレンディスポットとしてで話題になっているのが、島の南端西にひろがるタンジョン・ビーチのその名もタンジョンビーチクラブ。 緑溢れるデンプシーエリアの教会をレストラン・バーに改装したホワイト・ラビット、近隣の金融エグゼクティブでにぎわうマリーナベイ沿いのバー・オーバーイージーなどの飲食店を成功させた若いオーナーたちが手がけた新しいビーチクラブ・バーレストランです。 2009年10月15日発信の記事でご紹介した、期間限定の“掘っ立て小屋ビーチバー”が、、このタンジョンビーチクラブと… 続きを読む



ベストシーズンを迎えるシンガポール。緑溢れる超人気のカフェで屋外席を陣取ろう!

[2009/11/02] 葛西玲子

目抜き通りのオーチャードロードの目と鼻の先にも関わらず、元英軍用地として深い緑のジャングルに覆われたデンプシーエリアは、この数年の間にすっかり開発がすすみ、レストランやバー、スパやギャラリーがひしめくトレンディなエリアへと変身しましたが、このトレンドの火付け役と言えるのがPSカフェ。カジュアルファッションブランドとして地元っ子に人気のプロジェクトショップの3人のオーナーが、この緑溢れる美しいエリアに目をつけ、軍用バラックを改装したカフェをオープンしたのが、2005年末。熱帯の大木に囲まれた、セン… 続きを読む



優美な装飾と熱帯の光と影。ジムトンプソンのレストランはゆったりとランチがおすすめ。

[2009/09/29] 葛西玲子

まずはロケーション。おもてなしの極意を知りつくしたというジムトンプソンスタイルを堪能するには、彼が客人をもてなした自邸の環境に近い、トロピカルな緑に囲まれているのが理想だと思います。深い熱帯雨林に覆われた旧英軍のキャンプ用地とその周辺のバラックがこの数年で次々とレストラン、ギャラリー、スパなどに改装されて賑やか過ぎるエリアになったデンプシー。そこに“王手”をかけるかのように出現したのがジムトンプソンレストラン。改修の建築素材も装飾も、そして食材も従業員もすべてタイから調達した、というこだわりに、… 続きを読む



古い教会がレストランに変身!地元でも話題のレストラン・バー「ホワイトラビッド」

[2008/10/02] 葛西玲子

繁華街・オーチャードロードから程近いデンプシーロードエリアといえば、この2年にあれよあれよという間に、オシャレなレストランやグルメショップ、スパなどが軒をつらねる注目度の高いスポットに変身したことで知られています。深い熱帯雨林に覆われた旧軍隊のキャンプ地とその周辺のバラック。2年前始めて開催されたアートの祭典、シンガポールビエンナーレで作品の展示場としてキャンプ地が使用された頃は、カフェやギャラリーが数件あるくらいで、中心地にこんな鬱蒼とした未開の地があるのかと驚くほどでした。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 デンプシー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。