「デンマーク、観光、冬」に関連する現地ガイド記事

「デンマーク、観光、冬」に関連する現地ガイド記事

デンマーク、観光、冬に関する現地ガイド記事を集めました。デンマーク、観光、冬の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

体験型の熱帯雨林動物園!ラナース・トロピカルズーで動物とふれあおう☆

[2017/01/28] MizukiPoulsen

今回ご紹介する熱帯雨林動物園があるのは、デンマークのユトランド半島北東にあるラナース。国内で6番目に大きい地方都市です。ラナース・トロピカルズーといい、ユトランドのキッズに人気の熱帯雨林動物園です。園内には大きなドームが3つあり、北欧で一番大きな規模だとか。ドームではそれぞれアフリカ、アジア、サウスアメリカの熱帯雨林が再現されています。全部で250種類もの動物、は虫類などがほとんどが放し飼い! 屋外にはジャガーとヒョウのエリア、デンマークの農場エリア、公園があります。メイン部分は屋内施設なので冬… 続きを読む


やわらかな光と心地よい静寂。北欧らしい空間を求めて、グルントヴィ教会を訪問。

[2013/03/20] MizukiPoulsen

コペンハーゲン北西ノーヴェスト(NV)ビスペビャー地区の住宅街にあるグルントヴィ教会。市内から少し離れていることから、あまり観光ガイドで見かけませんが、日本の北欧デザイン系の雑誌やガイドではよく紹介される美しい教会です。アクセスは、電車 S-tog H線 Emdrup駅下車、徒歩15分ほど。市内とは少し違う、町の人の生活感が感じられます。集合住宅と戸建が並ぶ静かな道を通り、Frederiksborgvej 側から回っていくと教会の正面に出ます。 続きを読む



冬のコペンハーゲン。屋外リンクでスケートしてみよう!

[2013/02/21] MizukiPoulsen

クリスマスもセールも終わり、まだ日が出ている時間は短く、寒さが続くコペンハーゲン。つい家にこもりがちになりますが、そんなときに地元っ子が出かけていくのが屋外のスケートリンク!12月後半から2月頃まで、街のあちこちの広場が屋外スケートリンクに変わります。どのリンクも地元自治体が運営しており、すべるだけならいつでも無料。靴のレンタルだけ別料金です。日本の都市に比べると、冬の装備は必要ですが、少し体を動かしてみたい、ローカルに混じってみたい方、地元っ子に混じって滑ってみてはいかがでしょうか? 続きを読む



長い冬が終わった北欧、春のうららかなコペンハーゲンにお花見に行きませんか?

[2010/01/29] Shohei

「デンマークに行くならいつがいいの?」という質問をしばしば受けますが、北欧を訪れる時期でお勧めしたいのが春か夏。そのうち、長かった暗く寒い冬から開放されたデンマークの人たちのテンションがどーんと急上昇するのが春なのです!普段から親切なコペンハーゲン人がさらにフレンドリーになるので、いっしょにお花見で盛り上がってみてはいかがでしょうか!?そこで、ほんの半日のお花見ピクニックでもコペンハーゲンっ子の飲み友達が出来てしまうのでは??という楽しみ方を今回はご紹介したいと思います! 続きを読む



天文学史上見逃せない場所、プラハでプラネタリウム体験

[2009/10/09] 有賀みかる

短い夏も終わり、これから寒くなる一方のプラハですが、冬にかけての楽しみは夜空の星。北半球なので日本と見える星座はほぼ一緒なのですが、わりと中心にいても灯りが少ないのでキレイな星空が楽しめます。さて時は16世紀の終わり、神聖ローマ帝国のルドルフ皇帝の治世にプラハに招かれた有名な天文学者たちをご存知でしょうか。一人はデンマーク人のティコ・ブラーヘ、そしてその弟子としてやってきたドイツ人のヨハネス・ケプラー、そうあの「ケプラーの法則」の彼、2人はここプラハで皇帝付きの天文学者として数々の重要な天体観測… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 デンマーク、観光、冬」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。