「トイレ」に関連する現地ガイド記事

「トイレ」に関連する現地ガイド記事

トイレに関する現地ガイド記事を集めました。トイレの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シアトルやポートランドから日帰り可能!美しい港町タコマに足を伸ばしてみよう

[2019/01/11] Rika Higashi

公園の入り口から徒歩や車でアクセスできる「オーエンビーチ(Owen Beach)」は園内で最も人気のあるスポットの1つ。軽食スタンド、トイレ、BBQもできるピクニックテーブル(予約可能)など設備も充実しています。美しい海沿いを散歩するのもいいですし、夏場ならシーカヤックをレンタルしてもいいですね。また、近くのマリーナ(Point Defiance Marina)でも、モーターボートや釣竿のレンタルをしています。地元っ子に混ざって海で遊ぶのも楽しいはずです。 続きを読む



これもロシア! 世界一のはちみつを求めて

[2018/12/25] 岩佐 史絵

さて、話をはちみつに戻しましょう。ウファからブルジャンまでは、370キロも離れていて、公共の交通機関ではなかなか行くのが難しいようです。車で5時間かけて延々となにもない道をゆきますが、道路沿いには本当にお店などもかなり少ないので、トイレ休憩の場所をあらかじめチェックしておいたほうがいいでしょう。 実はブルジャンには観光施設らしいものはあまりありませんが、ハイキングなどを楽しむことができます。また、はちみつが採れるシュリガン・タシ自然保護区の洞窟の中には先史時代の壁画が残されているのが見つかってお… 続きを読む



少数民族の村に滞在するチェンマイトレッキング

[2018/12/14] りんみゆき

タイ第2の都市であるチェンマイへは日本からの直行便はないため、バンコク経由になります。美しいのは古都の町並みだけではなく、チェンマイ郊外には山岳地帯があり、美しい山でのトレッキングが盛んです。日帰りツアーもありますが、少数民族の村に1泊すると、より一層思い出深いものになることまちがいなし。一日目は午前8時半にツアー会社兼ゲストハウスに集合。トレッキングに参加する前後にゲストハウスに宿泊すると、トレッキング中荷物を預かっておいてくれます。参加人数によって料金は変わり、5人以上だと3500バーツ。参… 続きを読む



エーゲ海へ行く前に、小さな村でのんびり過ごしてみよう

[2018/11/13] オキシマ・ヒロミ

その中に、地域共同体が運営するユニークなホテルを発見!地域の人たちが、地元で生産された食べ物を持ち込んで販売する街道沿いの場所に宿泊施設ができたのだ。日本風に言えば、「道の駅」にホテルができたような感じ。広い駐車場、無料トイレ、レストラン、展示即売所、宿泊所のコテージが10棟、民芸品の工房が2軒、そして敷地内には野山や湖もある。コテージの室内は木のぬくもりに溢れ、インテリアも可愛らしい。こんな所に泊って散歩をしたり、民芸品の工房へ行って小物を作ってみるのも面白い。一軒のコテージに泊って朝食と夕食… 続きを読む



カプリ島だけじゃない!トルコからこんなに近い穴場の「青の洞窟」を観にメイス島に行こう!

[2018/10/08] Yeni

レストランやカフェはメイス島の港を囲むように立ち並んでいますが、ぐるっと一回りしてもわずが10数分で観て回れるほどのコンパクトさ。しかも日帰り客が多いので、ホテルも数軒しかありません。日帰りの方は迷わずボートをチャーターし、直ぐ島の観光に出掛けましょう!「青の洞窟」は朝日の反射でより美しく見え、波の穏やかな午前中がお勧めです。洞窟内では泳ぐことも出来るので、水着を着ていくのをお忘れなく。その後、海水浴を存分に楽しむために、港から僅か5分で行ける「The Island of St.Georgeセン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トイレ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。