「トイレ」に関連する現地ガイド記事

「トイレ」に関連する現地ガイド記事

トイレに関する現地ガイド記事を集めました。トイレの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンコールワットのある町、シェムリアップの楽しみ方

[2017/02/15] りんみゆき

アンコールワットの隣にあるアンコールトムにあるバイヨンは12世紀末に建てられた仏教寺院。中にどんどん入っていくと観音菩薩の四面塔が200以上あり、全部表情が違います。穏やかな表情が多く、癒されます。壁に彫られているレリーフは当時の生活や戦いの場面なので、子どもがみてもわかりやすいです。どの寺院内も広く、アップダウンもあるので、歩きやすい靴をはくといいでしょう。ベビーカーは不向き。またトイレも寺院内にはないので、急に行きたくなる小さい子ども連れの場合はドライバーやガイドさんにトイレエリアでとまって… 続きを読む



アタカマ砂漠から出発するウユニ塩湖へのツアー

[2017/01/16] 鰐部マリエ

最終日は一路チリのアタカマ砂漠へ戻ります。アタカマ砂漠から出発するこのツアーはダイナミックな大自然が魅力ですが、標高に慣れていないと高山病で苦しんでしまうこともあります。中には2日目辺りから高山病と悪路が続くことから体力を壊してダウンしている参加者も何人かいました。また、トイレは通常ティッシュがないので、トイレットペーパーは必須で、乾燥した場所なので多くの水分補給が必要になります。参加する際は水とトイレットペーパーは必須だと感じました。それから、ツアー中ボリビアの国立公園入園料や、シャワー、トイ… 続きを読む



世界一ユニーク、ドーナツ型の学生寮Tietgenkollegiet!

[2016/12/25] MizukiPoulsen

気になる間取り。住人個人の部屋は細長いワンルーム。円状なので、ちょうどバームクーヘンをカットしたような形です。中庭に向かって大きなガラス窓があり一人部屋は26平方メートルから。明るく広い印象です。二人部屋はもう一部屋が外側に追加された間取り。バルコニーが付いている部屋もあり。部屋には広めのトイレバスのみ。キッチンは共有です。天井までの大きな収納もあり、クローゼットは移動できます。部屋が細長い分、ベッドが丸見えにならない工夫もあり住みやすそうです。 続きを読む



ヨーロッパで一番小さい家『The Smallest House』でティータイム♪

[2016/12/16] テメル華代

小さな螺旋階段を上ると、2階には小人の部屋のようなティールーム。天井の高さはわずか2mですが、窮屈さを感じさせないクラッシックで落ち着いた空間です。アウデ・ホーフ通りを見下ろしながら、オリジナルブレンドの紅茶や自家製のペイストリーを、朝食・ランチ・アフタヌーンティーで楽しめます。ニルスさんによれば、2016年の夏はトイレの改装を終え、次は3階を改築する予定とのこと。もしかしたら来夏には、3階にもティールームがお目見えするかもしれません。 続きを読む



フィレンツェで流行りのブランチに行ってみよう!

[2016/09/02] 堂剛

店内も明るくてかわいい内装です。トイレも清潔で合格。店員さんのサービスもとても良いです。中心街からは徒歩10分程度と少し離れていますが、その分旅行者は少なく、地元のマダムたちが集ってきて雰囲気も良いです。ヘルシーな料理と、豊富なドルチェで女性に人気ですが、一方、男性的にはちょっとあっさりし過ぎかも・・・。平日のランチも営業していますが、日曜日のブランチが断然お得感がありますよ。日曜日にフィレンツェに来られる方はぜひ一度お試しください。予約はした方が良いです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トイレ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。