「トリュフ」に関連する現地ガイド記事

「トリュフ」に関連する現地ガイド記事

トリュフに関する現地ガイド記事を集めました。トリュフの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

3つの世界遺産を制覇、風水をベースにデザインされたフォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイ

[2019/03/23] 古関千恵子

プールの周辺に点在するレストラン&バーは4カ所。「カフェ・ナムハイ」での朝食からして豪華です。ベトナム料理を含む豊富なビュッフェに加え、オーダーをする卵料理が6種類。写真はトリュフ・スクランブルエッグ。放し飼いの鶏の卵を使っていると聞くと、さらにおいしく感じます。メインダイニングの「ラセン」では毎木曜日にストリートマーケット、つまり屋台メシのスタンドが並ぶテーマディナーも開催。クラシカルな風情の「ザ・バー」や砂浜に立つ「ビーチバー」など、雰囲気の良さはさすがフォーシーズンズです。また、スパもコチ… 続きを読む



ドイツ生まれのバウムクーヘン、2019年は日本上陸100周年

[2019/03/05] シュピッツナーゲル典子

デュッセルドルフといえば、国内で最も日本人が多い街。書店や食料品店、和食レストランが軒並み続き、規模の大きな日本人街があります。ここで生活する日本人に圧倒的な人気を集めているのが、コンディトライ(ケーキ屋)ハイネマンのバウムクーヘンです。一度口にしたら、病みつきになること間違いなしの美味しさです。1932年に、デュッセルドルフの隣町メンヒェングラットバッハの小さなお菓子屋さんから始まったハイネマンは、今やドイツを代表する人気店となりました。品質管理の目が届くようにというコンセプトからデュッセルド… 続きを読む



日曜日も営業の庶民的デパートBHV

[2019/02/06] 竹内真里

売り場を見て回っていてお腹がすいた… ちょっとお茶して一休みしたい時は、3階と5階に飲食店があります。おなじみのスターバックスは5階にあります。フランスによくあるセルフサービス形式のレストランを試してみたければ、La Kantineが5階に入っています。他にも軽食が取れるカフェや、ハンバーガーレストラン、トリュフをベースにした料理を提供するレストランがあります。もしくは、ひととおりBHVを見終えたら、裏手のマレ地区をうろついてみましょう。レストランもたくさんありますが、せっかくマレにいるのだから… 続きを読む



ミシュラン・シェフがプロデュース!フリッツ・アトリエ

[2018/02/27] ミツフィ

ポテトは数多の品種をテイスティングした結果、選ばれたのはゼ―ランド産のポテトです。もちろん冷凍ではなく、全て新鮮なポテトをアトリエで揚げています。多種多様なフリッツソースは全てアトリエの自家製で無添加。基本のフリッツには2種類のソースが選べます。人気のトリュフのソースはすぐにストックが切れるので、できれば確保しておきたいですね。基本のフリッツの他には、メキシカン風やサテソースのトッピング、更には季節のトッピングも要チェックです。特にクラシック・フランドル・ビーフシチューのトッピングは要チェックで… 続きを読む



今が旬 贅沢な黒トリュフを市場で買い味わい尽くす旅

[2018/01/21]

土の中にあるトリュフを見つけることは用意ではありません。最もよく使われるのはトリュフの匂いをかぎ分ける訓練をした犬を使い土の中にあるトリュフを当てさせる方法です。他には本能的にトリュフの匂いに惹きつけられるという豚を使う方法もあります。豚はトリュフがある場所を見つけると自然に土を掘るのですが、問題は豚がトリュフを食べてしまうこと。そのため近年ではあまり使用されない傾向にあります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トリュフ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。