「トルコ、イスタンブール、伝統」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、イスタンブール、伝統」に関連する現地ガイド記事

トルコ、イスタンブール、伝統に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、イスタンブール、伝統の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

自分だけのお気に入りショップを探しに、ガラタ地区を歩き尽くす!

[2016/06/30] Yeni

ボスポラス海峡を挟んで旧市街から新市街を望むと、鉛筆の先っちょのような茶色くて可愛いらしい塔が見えますが、これがイスタンブールのシンボルの一つ、ガラタ塔です。14世紀のビザンツ時代に、イタリアのジェノヴァ人によって建造されました。そもそもこのガラタ地区はジェノヴァ人の居留地として、また外国人異教徒が多く住み着き繁栄した街でした。そんなガラタ地区は、ガラタ塔を中心にして無秩序に伸びた9本の通りと、そこから無数に入り組んだ通りが連なる迷路のような場所。ガラタ塔を起点にして、さあ散策開始です! 続きを読む



町歩きが楽しいトルコ南東部の町ガズィアンテップ

[2016/06/29] オキシマ・ヒロミ

トルコ南東部の都市ガズィアンテップ。モザイク画の床や壁が発掘されたゼウグマや、古代遺跡が残るルムカレなどが近くにあり、南東アナトリアの観光拠点地となっている。遺跡巡りはもちろん興味深いけれど、空き時間があったら是非、町を歩いてみよう。2階建ての建物が並んで1階はほとんど小売店という町並みは他のトルコの都市と変わらない。中心部にバザールがあるのも同じだ。トルコの町へ来たら、必ずバザールへ立ち寄ってみよう。バザールへ行くと、その町の産業や経済がよく判る。ガズィアンテップのバザールには圧倒的に銅製品の… 続きを読む



『Millstone Cave Suites』で、リュクスなカッパドキア・ステイ

[2016/05/16] Yeni

トルコのカッパドキア地方は、ツアーでもイスタンブールと並んで必ず周遊する見どころ満載の一大観光エリアです。気の遠くなる歳月を経て石灰岩が自然に削られ出来た奇岩群は、その雄大でユニークな造形から観る人を惹きつけてやみません。石灰岩は柔らかく加工し易いので、昔から住居としても使用されてきました。観光エリアとして注目されてからは、石灰岩を生かしたカフェやレストラン、洞窟ホテルなども沢山出来、人気を集めています。そんな中、2015年3月に同地方のウチヒサールに、話題のブティックホテルがオープンしました。 続きを読む



イスタンブールのお薦めカフェ、ピエール・ロティ・カーヴェシ

[2016/05/15] オキシマ・ヒロミ

黄金の角という意味の湾、「金角湾」はイスタンブールの名所。アジア大陸とヨーロッパ大陸とを隔てているボスポラス海峡の途中から西へ長く入り込んだ湾で、ボスポラス海峡近くには有名なガラタ橋が架かっている。そのガラタ橋やアタチュルク橋を遠くから望めるエユップの丘。ここは古い時代の薫りがするエユップ地区で、イスタンブールの中でも由緒あるエユップスルタンというモスクがあることでも知られている。かつては静かだった住宅地も丘の上からの眺めが良いことから若いカップルが散歩に来るようになり、今では外国人も訪れる観光… 続きを読む



トルコ発、自然派化粧品ブランド「ATELIER REBUL」をフルラインでお試し!

[2016/04/12] Yeni

お店のルーツは、遥かオスマントルコ帝国時代末期に遡ります。当時、フランス人のジャン・セザール・レブル氏が「グランデ・ファーマシー・パリジェンヌ」と言う名でイスタンブールに薬局を開店、その後1920年にトルコ共和国初の薬剤師の一人であるケマル・ムデッリスオール氏が後継者となり「レブル薬局」と看板名を変えました。その後親子3代に渡って脈々と続いてきた「レブル薬局」が、昔から受け継がれてきた伝統と最新技術を融合させたコスメティックショップ「アトリエ・レブル」を誕生させたのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、イスタンブール、伝統」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。