「トルコ、キリスト教」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、キリスト教」に関連する現地ガイド記事

トルコ、キリスト教に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、キリスト教の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ハンガリー的な美を誇るマーチャーシュ教会

[2017/05/18] Hiromi

ブダペストには多くの観光名所があるが、王宮の丘のマーチャーシュ教会はその筆頭にあげられるであろう。場所が良いことから大聖堂よりも訪れる人が多い。ドナウ川を挟んでペスト地区から対岸の丘を見上げると、左手に王宮が、右手にはマーチャーシュ教会が聳えている。丘へはくさり橋の麓からケーブルカーに乗るとあっという間だが、マーチャーシュ教会の真下から階段を上って行くのもよい。そこを登ると教会前の漁夫の砦に辿り着く。マーチャーシュ教会は、よく見ると塔が1つで、それが端にあるため何となくアンバランスな感じがする。… 続きを読む



宗教にも寛大な街ディヤルバクル

[2017/05/06] オキシマ・ヒロミ

イスラム教徒が99パーセントを占めるトルコで、キリスト教徒の教会が5つもある町がある。南東アナトリアのディヤルバクルだ。西ヨーロッパの教会のように天をさすように聳えるゴシックの塔や、装飾的なバロック様式の外壁で覆われている建物ではない。外観はイスラム教のモスクのようだったり、普通の建物だったりする。中に入ってみると、そこは一見モスクのようだがミフラーブと思った場所が祭壇になって聖母マリアやキリストの絵が掲げられている。ディヤルバクルを含む南東アナトリアには、今も初期キリスト教徒たちの子孫が住んで… 続きを読む



シャンルウルファでお薦めのとっておきホテル

[2016/10/09] オキシマ・ヒロミ

トルコの大都市にある高級ホテルは欧米系の有名ホテルが多く、設備が整って快適だが特にトルコ的ということはない。これに対し、かつて隊商宿だった大きな建物をそのまま高級ホテルに改築したものもある。こちらは広い中庭や室内にも回廊に囲まれた大きなホールがあり、いかにもトルコ風で趣がある。お薦めしたいのは旧隊商宿の方だが、ここシャンルウルファ(通称ウルファ)にはどちらでもない高級ホテルが一軒ある。中心部に建つエル・ルハ・ホテルだ。ホテル名は、アラビア語でこの町がアッ・ルハーと呼ばれていたことに由来している。… 続きを読む



旧約聖書の預言者アブラハムゆかりの町シャンルウルファ

[2015/06/21] オキシマ・ヒロミ

 ここはトルコの南東部。黄色い土に時おり丈の低い灌木が茂っている。広大な大地を眺める限り、この自然はメソポタミア文明が栄えていた頃とあまり変わっていないような気がする。その乾いた土地に、まるでオアシスのように現れた潤いのある町。通称ウルファと呼ばれているシャンルウルファSanliurfaだ。南東アナトリア地方の都市で、中心部で見られるのはほとんど石とコンクリートの建物ばかり。ところがウルファには町のど真ん中に大きな池と林があるのだ。水と緑が豊かな古代都市。ここは旧約聖書に登場するアブラハムゆかり… 続きを読む



繊細な銀細工で知られる工芸都市ミディヤット

[2015/05/15] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアのマルディン県にある町ミディヤット。古くから銀細工が盛んなことで知られていた。テルカーリTelkariと呼ばれるフィリグリー(銀線細工)で、銀を針金のように細くして巻き上げたコイルを作り、それを使って模様を生み出していく。細いペンチでまるで編んでいるように溶接したものだ。同じパターンを何枚も作ってつなぎ合わせたものもある。その歴史は古く、古代エジプト王朝時代に発明されたと言われている。ここメソポタミア地方でも紀元前から作られていたことが発掘調査で判明された。トルコの貴金属というとイ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、キリスト教」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。