「トルコ、チーズ」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、チーズ」に関連する現地ガイド記事

トルコ、チーズに関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、チーズの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シャンルウルファで地元の人たちに愛されているお薦めのレストラン

[2017/02/14] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアの古都シャンルウルファ。ここは預言者アブラハム(イスラム教ではイブラヒーム)ゆかりの地だ。アブラハムが生まれたとされる洞窟や、丘の上から投げ込まれたと伝えられている池、丘の上のウルファ城など、見どころがたくさんある。東トルコの観光メッカであり観光客も大変多いため、レストランも色々あって食事が楽しい。そんな中、地元で絶大な人気を保っている店を紹介しよう。旧市街の北端にあるジェヴァヒル・ハンCevahir Hanというレストランだ。町の北門だったサムサト門近くに建てられたかつての隊商宿… 続きを読む



リニューアルオープンした「カンティン」で、ヘルシーなカフェごはん!

[2016/11/11] Yeni

国内外のブランド店が犇めく、イスタンブール随一の高級ショッピング街ニシャンタシ。この街で2000年にオープンして以来、16年に渡ってイスタンブールっ子の食欲を満たしてきたのが「カンティン(Kantin)」です。そもそもカンティンとは、カフェテリアのこと。その名の通り、「カンティン」はランチとティータイムのみで、夜は営業していませんでした。“していませんでした”というのは、今年6月に一旦閉店した「カンティン」が同じ街の別の場所へ移転、8月に再オープンしたのですが、新店舗では待望のディナー営業も開始… 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



『Millstone Cave Suites』で、リュクスなカッパドキア・ステイ

[2016/05/16] Yeni

トルコのカッパドキア地方は、ツアーでもイスタンブールと並んで必ず周遊する見どころ満載の一大観光エリアです。気の遠くなる歳月を経て石灰岩が自然に削られ出来た奇岩群は、その雄大でユニークな造形から観る人を惹きつけてやみません。石灰岩は柔らかく加工し易いので、昔から住居としても使用されてきました。観光エリアとして注目されてからは、石灰岩を生かしたカフェやレストラン、洞窟ホテルなども沢山出来、人気を集めています。そんな中、2015年3月に同地方のウチヒサールに、話題のブティックホテルがオープンしました。 続きを読む



ガズィアンテップでお薦めホテルはかつてのキャラバン・サライ

[2015/12/02] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリア地方は実に奥が深い。紀元前から綿々と続く町が多く、そこでは長い年月をかけて様々な文化が入り乱れて育まれてきた。このあたりの主要都市ガズィアンテップも大変歴史が古く、紀元前のヒッタイト文明時代にまで遡る。その後は古代ローマ帝国やビザンティン帝国に支配されながら東西交易の中継地として栄えてきた。16世紀になると、アナトリアはオスマンの勢力が拡大してくる。その頃オスマン朝の関心は西のヨーロッパにあった。オスマン帝国の第9代スルタンであるセリム一世は、父のバヤズィト二世がもっぱらバルカン半… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、チーズ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。