「トルコ、ラク」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、ラク」に関連する現地ガイド記事

トルコ、ラクに関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、ラクの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコ期待のシェフ、CAN OBA(ジャン・オバ)ワールドを目で、舌で味わい尽くす!

[2016/08/28] Yeni

今回ご紹介する二つのダイニングスポットは、いずれもトルコ人シェフ、ジャン・オバ氏のプロデュースによるもの。それではしのごの言わず、早速「CAN OBA, DESSERT and CHAMPAGNE」からいきましょう。新市街レヴェントにあるショッピングモール「KANYON(カニオン)」に、今年5月にオープンしたばかりの「CAN OBA, DESSERT and CHAMPAGNE」。ここはトルコ初のアラカルト・デザート専門店。しかも甘いものにはコーヒーか紅茶、という従来のトルコの概念を覆し、シャン… 続きを読む



トルコ式居酒屋の新潮流、モダン・メイハネ『Mukellef』で地酒に挑戦!

[2016/06/14] Yeni

メイハネとは、トルコ語で居酒屋のこと。日本の居酒屋と違うのは、メイハネではトルコの民族楽器を扱う音楽団が店内でトルコ民謡の生演奏を聴かせてくれるところ。美味しいお酒を飲み肴をつつきながら、時には演奏に合わせて大合唱をしたり、気の置けない仲間と延々とお喋りを楽しむという昔ながらのトルコ的社交場が、メイハネなのです。今回ご紹介するのは、今イスタンブールで一番話題のグルメスポットが犇めく“カラキョイ”から、『Mukellef』(ミュケルレフ)です。 続きを読む



モンタザ宮殿の敷地内にある、わずか20室しかない最高級ホテル、エル・サラムレク

[2009/04/15] すまーふはなこ

モンタザ宮殿は、アレキサンドリアの中心地から20キロほど離れた地中海沿岸にあります。この広い敷地に、1892年、ヘディーブ・アッパーズ2世により作られ、「エル・サラムレク」と呼ばれた、ネオ・ゴシック様式の建物があります。当時、大勢の客をもてなした迎賓館として使われていましたが、その後改築され、現在はホテルとなっています。ロビーにはたくさん王家の写真が飾られ、美しいアンティークのイスや机がシャンデリアに照らされています。ボーイたちも王室時代のコスチュームで接待してくれて、気分は、一昔前の王侯貴族で… 続きを読む



ギリシャ人は甘党?!甘いもの好きには堪らないスイーツたちをご紹介!

[2009/03/10] アリサンドラトゥー芳香

謝肉祭が終わった後のギリシャでは、40日間ちょっとの間、お肉や乳製品を控える期間があります。ギリシャには乳製品や卵などをまったく使っていないお菓子が結構あるのは、そういう季節を乗り切るため、というのもあるかもしれません。卵もバターも入っていないお菓子がどういうものかというと、中心的な材料は、アーモンド、カシュー、くるみなどのナッツ類やパイ生地。そして欠かせないのは甘〜いシロップです。刻まれたナッツがたっぷり入っているから、どっしりと濃厚な味わい。 続きを読む



豪華な彫刻にうっとり!19世紀末建築“花のパサージュ”という名の歴史ある建物

[2008/11/11] 洋子・オーレテン

トルコには、地元音楽の生演奏を聴きながら食事のできるレストランや居酒屋が数多くあります。中でもイスタンブールには、そのタイプのお店が集中しているんです。その場所が観光客にも便利な繁華街の一角、そして歴史ある建物の中、となれば、行ってみたくなるのは当たり前ですよね。今回は、トルコらしい楽しく食事の出来る場所を紹介してみます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、ラク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。