「トルコ、南東部」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、南東部」に関連する現地ガイド記事

トルコ、南東部に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、南東部の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

町歩きが楽しいトルコ南東部の町ガズィアンテップ

[2016/06/29] オキシマ・ヒロミ

トルコ南東部の都市ガズィアンテップ。モザイク画の床や壁が発掘されたゼウグマや、古代遺跡が残るルムカレなどが近くにあり、南東アナトリアの観光拠点地となっている。遺跡巡りはもちろん興味深いけれど、空き時間があったら是非、町を歩いてみよう。2階建ての建物が並んで1階はほとんど小売店という町並みは他のトルコの都市と変わらない。中心部にバザールがあるのも同じだ。トルコの町へ来たら、必ずバザールへ立ち寄ってみよう。バザールへ行くと、その町の産業や経済がよく判る。ガズィアンテップのバザールには圧倒的に銅製品の… 続きを読む



1万2000年前に建設された世界最古の神殿ギョベクリテペ

[2016/04/11] オキシマ・ヒロミ

トルコの南東部は文明発祥の地。チグリス川とユーフラテス川には挟まれたメソポタミア地帯では“どこかを掘れば遺跡が出てくる”、と言われているくらい遺跡が多い。観光でヨーロッパを訪れると、私たちが目にするのは古くてもせいぜい8世紀くらいの建造物。ところが南東アナトリアでは、時には石器時代にまで遡る遺跡に遭遇する。エーゲ海や地中海沿岸ではトロイの遺跡のように19世紀後半に発掘されて有名になったものが多いが、南東アナトリアには最近になって発掘された非常に貴重な歴史遺産が点在している。その一つがトルコ南東部… 続きを読む



旧約聖書の預言者アブラハムゆかりの町シャンルウルファ

[2015/06/21] オキシマ・ヒロミ

 ここはトルコの南東部。黄色い土に時おり丈の低い灌木が茂っている。広大な大地を眺める限り、この自然はメソポタミア文明が栄えていた頃とあまり変わっていないような気がする。その乾いた土地に、まるでオアシスのように現れた潤いのある町。通称ウルファと呼ばれているシャンルウルファSanliurfaだ。南東アナトリア地方の都市で、中心部で見られるのはほとんど石とコンクリートの建物ばかり。ところがウルファには町のど真ん中に大きな池と林があるのだ。水と緑が豊かな古代都市。ここは旧約聖書に登場するアブラハムゆかり… 続きを読む



メソポタミア大地に現れた古代都市マルディン

[2015/04/10] オキシマ・ヒロミ

 アナトリアの南東部に広がる北メソポタミアの大地。乾いた低い丘をいくつも越えて行くと、突然前方に岩山の要塞が現れた。要塞の下には斜面にへばり付くように建てられた民家が散らばっている。それがマルディンだった。その姿は雄大というよりも神秘的で、まるでギリシャ神話の舞台であるかのよう。一体、どんな物語がここにあるのか・・・。ここは文明発祥の地、メソポタミア。そんな名前は古代史の世界でしか耳にすることがない。そこに今、自分がいる。不思議な思いだった。近づくに連れ、積み上げられたようなテラス状の町並みが次… 続きを読む



古代遺跡に遭遇できる南東アナトリア

[2015/01/12] オキシマ・ヒロミ

 トルコは、西はギリシャとブルガリアに接し、東はグルジア、アルメニア、イランと国境を接している。いつ、誰が決めたのか、イスタンブールの町を2分しているボスポラス海峡の西側はヨーロッパ大陸、東側はアジア大陸と。トルコのアジア大陸部分は日本で小アジアと呼ばれているアナトリア。その南東部はメソポタミア平野の一部に含まれ、チグリス川はここに源を発している。古代文明発祥の地であり、この辺りの町は紀元前からの非常に古い歴史を持つ。イスタンブールやカッパドキアを訪れることはあっても、南東アナトリアまで足を延ば… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、南東部」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。