「トルコ、新市街」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、新市街」に関連する現地ガイド記事

トルコ、新市街に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、新市街の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコ期待のシェフ、CAN OBA(ジャン・オバ)ワールドを目で、舌で味わい尽くす!

[2016/08/28] Yeni

今回ご紹介する二つのダイニングスポットは、いずれもトルコ人シェフ、ジャン・オバ氏のプロデュースによるもの。それではしのごの言わず、早速「CAN OBA, DESSERT and CHAMPAGNE」からいきましょう。新市街レヴェントにあるショッピングモール「KANYON(カニオン)」に、今年5月にオープンしたばかりの「CAN OBA, DESSERT and CHAMPAGNE」。ここはトルコ初のアラカルト・デザート専門店。しかも甘いものにはコーヒーか紅茶、という従来のトルコの概念を覆し、シャン… 続きを読む



自分だけのお気に入りショップを探しに、ガラタ地区を歩き尽くす!

[2016/06/30] Yeni

ボスポラス海峡を挟んで旧市街から新市街を望むと、鉛筆の先っちょのような茶色くて可愛いらしい塔が見えますが、これがイスタンブールのシンボルの一つ、ガラタ塔です。14世紀のビザンツ時代に、イタリアのジェノヴァ人によって建造されました。そもそもこのガラタ地区はジェノヴァ人の居留地として、また外国人異教徒が多く住み着き繁栄した街でした。そんなガラタ地区は、ガラタ塔を中心にして無秩序に伸びた9本の通りと、そこから無数に入り組んだ通りが連なる迷路のような場所。ガラタ塔を起点にして、さあ散策開始です! 続きを読む



今、イスタンブールで一番美味しいカジュアル・イタリアン“Paps”!

[2016/03/09] Yeni

繁華街タクシムに代表される新市街と、スルタンアフメット歴史地区で有名な旧市街を繋ぐガラタ橋は、いつも大勢の釣り人で賑わっています。この橋の新市街側の袂に広がるエリアがKarakoy(カラキョイ)です。ここが都市再開発でカフェやレストラン、雑貨屋などが犇めくエリアとなって久しいですが、今も新しいスポットが続々出店し、いつ訪れても新鮮な街です。このカラキョイに位置するのが、今回ご紹介するイタリアンレストランの期待の新星、“Paps(パップス)”です。 続きを読む



トルコの有名スポットをミニチュアで再現した「ミニアトゥルク」で遊ぼう!

[2016/02/06] Yeni

イスタンブールといえば、ボスポラス海峡があまりにも有名ですが、ヨーロッパサイドを旧市街と新市街に分ける水路である金角湾にも、隠れた見所が点在しているのをご存知ですか?金角湾といえば、遥か昔、まだイスタンブールがコンスタンティノープルと呼ばれていた頃、ビザンチン帝国を包囲して降伏を迫るオスマントルコ軍が、艦隊の一部を人海戦術で持って山越えさせ、金角湾の西側に入水させるという奇策に出たことで知られています。 続きを読む



カラキョイにある歴史的建物の中の銀行博物館とギャラリー

[2013/06/07] 洋子・オーレテン

イスタンブール新市街のカラキョイ(Karakoy)にある『バンカラル通り(Bankalar Caddesi)』を散策してみると、ひときわ大きく重厚な建物が目に入ってきます。下部はグレーの石を積み上げた重厚な造り、上部はギリシャの神殿のような石柱が並ぶ優雅なルネッサンス様式という、どこかエキゾチックな雰囲気を醸し出すその建物は、旧オスマンル銀行本店。現在は、向かって右半分がトルコ中央銀行が使用、左半分がオスマンル銀行博物館とSALTというギャラリーになっています。この建物、外観のゴージャスさと内部… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、新市街」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。