「トルコ、美術館、博物館」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、美術館、博物館」に関連する現地ガイド記事

トルコ、美術館、博物館に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、美術館、博物館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オープン10周年の Musee national de l'histoire de l'immigration 国立移民歴史博物館

[2017/11/26] 竹内真里

近頃、日本でも移民について考える機会が増えてきたのではないでしょうか。フランスは移民大国で、さまざまな事情で異なる国からやってきた人々がこの社会で生きています。彼らの歴史を語る国立移民歴史博物館は、パリの東部12区にあります。もともとは国際植民地博覧会の会場としてLe Palais de la Porte Doreeが1931年に建てられ、その後アジア、アフリカ、オセアニアの作品を集めた美術館となっていましたが、2006年にオープンのジャック・シラク元大統領の名が付いたMusee du quai… 続きを読む



トルコ軍の襲来で強化されたウィーンの市壁、その跡地リング通り

[2016/05/18] オキシマ・ヒロミ

ヨーロッパ諸都市で中世に築かれた市壁はどこの町でも近世になって取り除かれ、跡地は緑地帯や大通りになっている。そのような数ある市壁跡の大通りの中で、ウィーンほど美しい通りはないであろう。ほとんど輪のように丸くなっており、その名もリングと呼ばれている。リングは城のある場所ではブルク(城)リング、大学の前はウニヴェルズィテーツリング、オペラ座の前はオペルンリング、と部分的に名称が変わる。19世紀半ばに18歳という若さで皇帝になったフランツ・ヨーゼフの時代にこの環状大通りが建設された。しかし、この美しい… 続きを読む



ハプスブルグ王宮の中にある博物館巡り〜王宮宝物館と新王宮の中の3つの博物館〜

[2012/11/26] バレンタ愛

ウィーンの中心地にあるホーフブルグ王宮。13世紀まで歴史をさかのぼるこの建物はハプスブルグ家の統治下ではここが拠点とされ、今では美術館・博物館、イベントなどに使われています。以前「皇帝一家の住居」「銀食器コレクション」「シシィ博物館」の3つをご紹介しましたが(http://www.ab-road.net/europe/austria/vienna/guide/04927.html)今回は旧王宮の中にある「王宮宝物館」と新王宮の中にある3つの博物館をご紹介します。 続きを読む



企画展が面白い、アール・ヌーヴォー様式の建物が目を引く『ペラ美術館』

[2011/01/31] 洋子・オーレテン

長い歴史と、それゆえの多彩な文化を誇るイスタンブールには、博物館や美術館も様々なものがあります。オスマン帝国時代の宮殿やビザンティン帝国時代の教会が博物館となっていることは、よく知られていますよね。また、個人所有の蒐集物を展示した個性的な美術館も数多く存在するのもイスタンブールならでは。今回は、そんな個性的な美術館の中から、アール・ヌーヴォーの美しい建物も見どころな、『ペラ美術館(Pera Muzesi)』を紹介します。 続きを読む



イタリアへの玄関港パトラに、新しい観光スポット!

[2009/08/07] アリサンドラトゥー芳香

女優であり文化大臣でもあったメリーナ・メルクーリのプロジェクトが実現して話題を呼んでいる、アテネの新アクロポリス博物館は2009年6月20日に開館! パルテノン神殿の大理石をとうとうイギリスが返還へと動き出すのか、と世界中の注目が集まっています。このようにギリシャでは新しい博物館の建設が各地で進んでいますが、同じメリーナ・メルクーリのプロジェクトの一つ、パトラの新考古学博物館もとうとう2009年7月24日に開館式典が執り行われました。新アクロポリス博物館も今年一杯は入館料がたったの1ユーロですが… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、美術館、博物館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。