「トルコ、酒」に関連する現地ガイド記事

「トルコ、酒」に関連する現地ガイド記事

トルコ、酒に関する現地ガイド記事を集めました。トルコ、酒の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコ式居酒屋の新潮流、モダン・メイハネ『Mukellef』で地酒に挑戦!

[2016/06/14] Yeni

メイハネとは、トルコ語で居酒屋のこと。日本の居酒屋と違うのは、メイハネではトルコの民族楽器を扱う音楽団が店内でトルコ民謡の生演奏を聴かせてくれるところ。美味しいお酒を飲み肴をつつきながら、時には演奏に合わせて大合唱をしたり、気の置けない仲間と延々とお喋りを楽しむという昔ながらのトルコ的社交場が、メイハネなのです。今回ご紹介するのは、今イスタンブールで一番話題のグルメスポットが犇めく“カラキョイ”から、『Mukellef』(ミュケルレフ)です。 続きを読む



南東アナトリア、シャンルウルファの夜

[2015/07/25] オキシマ・ヒロミ

生肉を食べるといえば、タルタルステーキのように牛の挽肉を連想する。しかしここトルコではバクテリアの少ない羊肉を何度も細かく挽いて香辛料などを混ぜたチー・キョフテなるものが美食家の間で好まれている。これは南東アナトリアの郷土料理で、シャンルウルファが発祥の地と言われている。作り方は、上質の羊肉を細かく砕きこれに肉と同量の粉、さらに赤唐辛子もたくさん入れてトマトペーストで練り上げる。シャンルウルファには古い伝統を再現したもてなし方でこのチー・キョフテを作ってくれるレストランがある。コヌック・エヴとい… 続きを読む



ブダペストからの日帰りも可能な古都エゲル

[2013/04/23] ケイ

ブダペストから急行で北東へ1時間50分。車窓から眺めるのどかな田園風景をしばらく楽しんでいると、あっという間に電車はエゲルに到着。駅から旧市街までは徒歩で15分ほど。きつくはないが登り坂なので駅前で待っているタクシーを利用するのもよい。900Ft.(約360円)ほどだ。エゲルの中心はドボー・イシュトヴァーン広場。長方形の大きな広場で、中ほどに立派な教会が聳えている。18世紀に建てられたバロック様式のフランシスコ派修道士教会で、外観も立派だが内部の装飾も美しい。教会前から北側を眺めると、旧市街の向… 続きを読む



海の街パトラを散策!

[2009/08/20] アリサンドラトゥー芳香

パトラは、ギリシャ国内でアテネ、テッサロニキに続く第3の都市です。といっても日本人の感覚では小さな海の町。昔からギリシャとイタリアを結ぶフェリーの発着地として栄えていて、現在はさらに大きく近代的な港の建設が進んでいます。船でパトラに近づいていくと目だつのが、海に面して建つ聖アンドレアス(聖アンドリュー)教会や、高台の要塞跡。パトラはキリストの12使徒の一人、聖アンドレアスが殉教した聖地としても知られていて、教会は観光名所のひとつです。パトラは、オスマン朝トルコのギリシャ占領時代などにひどく破壊さ… 続きを読む



イスタンブールの歴史的地区にある、雰囲気のあるシーフードレストラン

[2008/10/24] 洋子・オーレテン

トルコ料理というと、まずはお肉料理の「ケバブ」を思い浮かべる方が多いと思うんですけれど、いえいえ、お魚料理だって色々とあるんですよ。三方を海に囲まれた(エーゲ海・地中海・黒海)トルコですから、魚の種類も豊富、海辺の街では美味しいシーフードをたっぷりと味わうことが出来ます。今回は観光の拠点となるイスタンブールの中でも、観光の中心地・歴史地区であるスルタンアフメット(Sultanahmet)のすぐそば、という好立地のシーフードレストランを紹介しましょう。『バルックチュ・サバハッティン(Balikci… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 トルコ、酒」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。