「ドイツ、サッカー、練習場」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、サッカー、練習場」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、サッカー、練習場に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、サッカー、練習場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ドイツ国境の小さな町・フェンロで若手のホープ・本田圭佑の奮闘を見る!

[2008/10/17] 元川悦子

前回は小野伸二がプレーするドイツ・ボーフムを紹介した。ここから一番近くて日本人選手がいるクラブといえば、オランダのVVVフェンロ(VVV Venlo=フェーフェーフェー・フェンロ)だ。北京五輪代表として戦った本田圭佑が背番号10を背負い、チームを力強くリードしている。VVVフェンロは1903年創設と歴史が古い。20数年前からはオランダ有数の物流企業・シーコン(Seacon)のハイ・ベルデン会長がスポンサードしている。日本企業との取引の多い同会長は、いつか日本人選手を獲得したいと思っていたという。… 続きを読む



かつての炭鉱の町・ボーフムで再起をかける小野伸二をナマ観戦!

[2008/09/25] 元川悦子

08-09シーズンが始まり、約1ヶ月が経過したドイツ・ブンデスリーガ。今季は3人の日本人選手がプレーしているということで、注目度も高い。そんな中、特に気になるのが小野伸二だ。勝負を賭けていた2006年ドイツワールドカップのオーストラリア戦でわずか10分程度の出場に終わり、不完全燃焼感を引きずった小野が再び海外挑戦を果たしたのが今年1月だった。新天地はボーフム(VfL Bochum 1848)。ドイツ広しといえども最古の部類に入る古豪クラブだ。近年は1部と2部を行ったり来たりする典型的なエレベータ… 続きを読む



ドイツ観光では滅多に訪れない炭鉱の町で屈指の人気クラブ「シャルケ04」を観る!

[2008/08/05] 元川悦子

広い国土を南から北へ北上しているドイツ編。欧州選手権(ユーロ)2008で中断する前はノルトライン・ヴェストファーレン州のドルトムントを紹介した。今回はさらに東へ移動し、ルール工業地帯の小都市・ゲルゼンキルヘンを取り上げる。サッカーに興味を持たない人がこの町の名前を聞いても「どこ?」という反応を示すだろう。それくらいこのゲルゼンキルヘンという町は小さい。産業革命とともに炭鉱町として発展したこの町だったが産業の衰退とともに最盛期は人口40万人にまで達した。が、その後は減少が著しく、現在は25万人程度… 続きを読む



今季まで中田浩二がプレーしたバーゼルは、ライン川が美しいドイツ文化圏の町

[2008/06/10] 元川悦子

今月7日に開幕した欧州選手権2008(ユーロ2008)。スイス4会場のうち、グループリーグ3試合に準々決勝2試合、準決勝1試合の行われるバーゼルは特別な場所である。グループリーグでは地元・スイスがここバーゼルでベスト8進出に挑む。2006年ドイツワールドカップではグループを1位通過しながら、決勝トーナメント1回戦でウクライナにPK負けを強いられたものの、彼らの実力が世界に示されたのは間違いない。そのスイス代表が再びビッグトーナメントに姿を見せるのだ。地元での期待は非常に大きなものがあるようだ。約… 続きを読む



2006年ドイツW杯日本代表ベースキャンプ地・ボンで芸術と草の根のサッカーを堪能

[2008/04/07] 元川悦子

ドイツを南から北上しているこの連載。ニュルンベルク、カイザースラウテルンに続いて、今回も2006年ドイツワールドカップの日本代表に縁のある場所を取り上げる。1990年にドイツが統合される前、旧西ドイツの首都がどこだったがご存知だろうか。それがボン。ケルン、ドルトムントと同じノルトライン・ヴェストファーレン州にある人口32万の中都市だ。フランクフルトからIC(インターシティ)で2時間、ケルンから同じく20分という足回りのよさが、この町の第一の特徴である。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、サッカー、練習場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。