「ドイツ、マリオネット劇場」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、マリオネット劇場」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、マリオネット劇場に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、マリオネット劇場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グリム兄弟が過ごした館の中でメルヘンの世界に浸ろう

[2016/04/29] 沖島博美

グリム童話を世に出したグリム兄弟はフランクフルトに近いハーナウで生まれ、兄が6歳、弟が5歳のときにシュタイナウへ引っ越した。その後二人はマーブルク、カッセル、ゲッティンゲンに住み、最後は長くベルリンに住んで生涯を閉じる。学生時代に下宿していた家やカッセルの借家など残っている館もあるが、生家や終の棲家など殆どが大戦で焼け失せてしまった。幼年時代を過ごし、父親の突然の死まで住んでいたシュタイナウの館はグリム一家が最も幸せだった時代のもので、完全な状態で保存されている唯一のグリム兄弟の住居だ。この館は… 続きを読む


2013年のヨーロッパ旅行はドイツ・メルヘン街道へ

[2013/01/23] Kei Okishima

最近まで世界で聖書の次によく読まれていると言われていたのが、グリム童話だった。今の大人なら、題名は知らずとも話の内容は知っているという人が多いのでは。そのグリム童話は今から200年前に世に出た。1812年12月20日、クリスマスの直前にドイツで出版されたのである。この童話はアンデルセンのような創作童話ではなく、ドイツに古くから語り継がれてきた昔話を拾い集めて編纂したものだった。そのため全てのストーリが簡潔している訳ではなく、おかしな話だな、と思うものも多い。ひと頃、「本当は恐ろしい・・」、「本当… 続きを読む



城の馬小屋を改造し劇場に! 歴史あるマリオネット劇場でグリム童話を楽しむ

[2009/07/24] Kei Okishima

ドイツ中部の町ハーナウから北部のブレーメンまでを結ぶ全長およそ600Kmのメルヘン街道には、可愛らしい木組みの家が並び、物語の中に入り込んだような世界が広がっている。グリム童話を生みだしたグリム兄弟にまつわる町が並ぶこの街道。出発起点とされるハーナウは、グリム兄弟が生まれた町。二人は1785年と86年に年子で生まれ、兄が6歳の時にハーナウの東にあるシュタイナウという小さな町に引っ越した。二人はこの町で幼年時代を過ごしている。今日、この町には可愛らしいマリオネットでグリム童話を鑑賞できる劇場 があ… 続きを読む



自分だけのオリジナル・マリオネットが作れちゃう! アトリエ・トゥルフラージュ

[2008/06/19] 有賀みかる

チェコで有名なものといえばマリオネット。子供向けのものだけじゃなく、大人も楽しめる本格的な劇場もあり、専門に学べる大学まであります。地味に見えるパペット劇、なぜこんなにチェコで盛んなのかといえば、ドイツ語を強いられていた過去、学校や公的機関で話せないチェコ語を守る大役を果たしていたからだと言われています。そんな複雑な歴史はさておき、いつの時代も子供達に大人気のマリオネット。なんとプラハの観光地からすぐのところに、自分のオリジナルを作れるアトリエがあると聞き訪ねてみました。 続きを読む



プラハならでは! マリオネットでオペラ『ドン・ジョヴァンニ』を♪

[2008/02/01] 有賀みかる

“オペラの中のオペラ”と言われるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』。このオペラ、プラハなくしては生まれなかった作品と言えるでしょう。前作『フィガロの結婚』はウィーンであまり評判にならなかったのに比べ、プラハでは大成功、すっかり気をよくしたモーツァルトがプラハからの依頼に応えた次の作品が『ドン・ジョヴァンニ』で、旧市街広場から程近いスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)にてワールド・プレミアを飾りました。映画『アマデウス』(監督はアメリカへ亡命したチェコ人のミロシュ・フォアマン)のオペラ・シーン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、マリオネット劇場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。