「ドイツ、レープクーヘン」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、レープクーヘン」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、レープクーヘンに関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、レープクーヘンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ネルドヴァ通りの楽しいジンジャーブレッド・ミュージアム

[2019/03/13] 岸 博美

レープクーヘンというお菓子をご存知だろうか。クリスマス時期にドイツへ行ったことがある人なら必ず目にするし、食べたことがある人も多いのでは。ドイツではニュルンベルクがレープクーヘンの町として知られている。ここへ来れば一年中レープクーヘンを買うことができるが、他の町ではクリスマスの時期にだけ売られることが多い。ドイツ語のレープクーヘンと同じものは英語でジンジャーブレッド、あるいはペッパークッキーなどと呼ばれている。それなら、ああ、あれか!と想像が付くかもしれない。香辛料の入った個性的な味がするクッキ… 続きを読む



4日間だけ開かれるシュタイフ博物館のクリスマスマーケット

[2018/09/17] 沖島博美

近年、我が国でもクリスマスマーケットが開かれるようになり、年を追うごとに場所が増えて内容も充実してきた。とは言え、やはり本場ドイツのクリスマスマーケットにはかなわない。日本でよく知られているのはニュルンベルクやローテンブルク、ミュンヒェン、そしてドレスデンやベルリンあたりであろうか。もちろん、ドイツではどこの町でもクリスマスマーケットが開かれている。フランクフルトやハンブルク、シュトゥットガルト、ケルン、アウクスブルクなど大都市のクリスマスマーケットも人気があり、とても賑わっている。そんな中、南… 続きを読む



シュツットガルトのクリスマスマーケットに行こう!(2008年11月26日〜12月23日)

[2008/10/28] 西谷ゆうか

シュツットガルト(Stuttgart)は、フランクフルト(Frankfurt)から特急で約1時間20分、ドイツ南西部の経済を担うバーデンヴュルテンベルク州(Baden-Wuerttemberg)の州都です。メルセデス・ベンツやポルシェの町としても有名で、シュツットガルト中央駅にはベンツのマークが立っているほど! 駅から歩いて500mほどのところに州政府の施設として使用されている新宮殿(Neues Schloss)のある宮殿広場(Slossplatz)があります。シュツットガルトのクリスマスは、こ… 続きを読む



中世の職人街が息を吹き返した、ニュルンベルク・中世ミニ職人街

[2008/10/27] Kei Okishima

小人がトントン、カチカチおもちゃを作る。そんなおとぎ話のような風景を想像したことがないだろうか。職人の国ドイツ。ニュルンベルクにあるハンドヴェルカーホーフ(Handwerkerhof 中世ミニ職人街)はそんな風景を現実にしたような空間だ。ここは中世の職人街が再現された場所である。ミニ職人街といっても、小型模型のようなミニチュア版ではなく、十分に大人が入ることのできる建物で、実際の街並みと比較すると小さい、という程度の大きさだ。しかしまるで小人の街のように感じてしまう。ここでは様々な職人たちがご自… 続きを読む



ささやかでロマンチックなローテンブルクのクリスマス(11月28日〜12月23日)

[2008/10/23] 西谷ゆうか

フランクフルト(Frankfurt)から特急で約2時間半、ロマンチック街道の中でも魅力溢れる町・ローテンブルク(Rothenburg.o.d.T)は、人口約1万2千人の小さな町。ロマンチックでかわいらしい町並みを見に、年間を通して町の人口の数倍もの観光客がこの町を訪れます。特にクリスマスシーズンは、ローテンブルクが一番賑やかになる時なんです。さて、ローテンブルクの2008年今年のクリスマスマーケットは11月28日17:00から12月23日まで。約1ヶ月間あるので、是非一度は足を運んでみてください… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、レープクーヘン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。