「ドイツ、ローテンブルク、ワイン、白」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、ローテンブルク、ワイン、白」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、ローテンブルク、ワイン、白に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、ローテンブルク、ワイン、白の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ささやかでロマンチックなローテンブルクのクリスマス(11月28日〜12月23日)

[2008/10/23] 西谷ゆうか

フランクフルト(Frankfurt)から特急で約2時間半、ロマンチック街道の中でも魅力溢れる町・ローテンブルク(Rothenburg.o.d.T)は、人口約1万2千人の小さな町。ロマンチックでかわいらしい町並みを見に、年間を通して町の人口の数倍もの観光客がこの町を訪れます。特にクリスマスシーズンは、ローテンブルクが一番賑やかになる時なんです。さて、ローテンブルクの2008年今年のクリスマスマーケットは11月28日17:00から12月23日まで。約1ヶ月間あるので、是非一度は足を運んでみてください… 続きを読む



丸いボトルのフランケンワイン♪ かわいいラベルにも注目!

[2008/06/16] 西谷ゆうか

ドイツには13のワイン生産地があり、ラインヘッセン(Rhein-Hessen)、ラインガウ(Rheingau)のライン川周辺が有名ですが、ヴュルツブルク(Wuerzburg)やローテンブルク(Rothenburg)のあるここフランケン(Franken)も生産量は少ないながらも質のいいワイン生産地として名高いです。ドイツワインは白の甘口というイメージをお持ちの方が多いですが、キリッとした白の辛口やフルーティな赤ワインもおいしいんですよ!! 続きを読む



「ミュンヘン850年祭」では職人村に変身―ミュンヘン・オデオン広場

[2008/05/26] Kei Okishima

レジデンツ通りと、それに平行して走るテアティーナ通りが一つになるオデオン広場は、ミュンヘンっ子たちが好む場所。東側にレジデンツ(宮殿)が、西側にテアティーナ教会があり、二つの道がぶつかる所には回廊風の将軍堂がある。バイエルン王国時代の面影を残す歴史的建物に囲まれたオデオン広場は、観光客にも人気がある。政治的事件も起こった。1923年11月9日、ヒットラー率いる彼の支持者たちと警官隊がオデオン広場でもみ合いになり、死傷者を出した。市内観光のガイドさんは必ずそのことに触れる。痛ましい過去を忘れずに生… 続きを読む



地元の人達が集まるワイン居酒屋に行ってみよう

[2008/01/28] 西谷ゆうか

ローテンブルクで一番大きな教会、聖ヤコブ教会の裏手にある、アルトフレンキッシェワインシュトゥーベは「古いフランケンのワイン居酒屋」という名を持つ、地元の人も集まって毎晩遅くまでわいわい賑わうワイン居酒屋です。ここはガイドブックにも紹介されるほどのお店で「予約した方がいい」と書かれていることも多いようですが、実際は「予約しない方がいい」です!予約の電話を入れると断られることが多く、逆に飛び込みで行くと予約と予約の合間のテーブルにうまく入れてくれることもけっこうあります。 続きを読む



青い空、白い雲、バイエルンカラーを求めて

[2008/01/16] 西谷ゆうか

みなさんは、ドイツと聞いて何色を思い浮かべますか?国旗の黒・赤・黄。実はこの黄色、本当は金色なんです。1813年のナポレオン戦争時の学生義勇軍の黒い学生服に赤い襟、金色のボタンをイメージし、色はそれぞれ黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表していると言われています。ドイツにはこの国旗以外にも16の州旗があり、各州オリジナルカラーを持っています。ドイツは元々いくつもの小国が集まってできた国なので、州ごと地方ごとに土地のカラーがあり、方言があり、メンタリティがあります。そして、今回注目したいのはブルーと白… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、ローテンブルク、ワイン、白」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。