「ドイツ、城」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、城」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、城に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、城の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

要塞と深い谷の金融都市・世界遺産ルクセンブルク

[2017/08/04] 沖島博美

古い岩山の要塞。その前には深い谷が広がり、その中をペトリュス川が弧を描いて流れていく。黒いスレート瓦屋根の館はどれも100年、200年、あるいはそれ以上前のものばかり。時が止まり、眠っているかのようなグルント。ここはルクセンブルク市の岩山の下にある古い地区だ。1994年にルクセンブルクの旧市街全体が世界文化遺産に登録された。10世紀後半、ルクセンブルク伯が最初の城ボックを建設した。それは今日ボックの要塞と呼ばれている。手前に深くて幅の広い谷を持っているため難攻不落の要塞として数々の戦争を切り抜け… 続きを読む



世界遺産のヴァッハウ渓谷。名産のワイン片手に優雅にドナウ川クルーズを楽しんで!

[2017/08/03] バレンタ愛

世界遺産に指定されているヴァッハウ渓谷。「バロックの宝石」と言われるメルク修道院や、美しい修道院教会が川沿いに建つロマンティックな街デュルンシュタインなど見どころ多い人気の観光地です。たくさんの教会や古城などが見られ、ワインやアプリコットなどの名産品も人気です。車や電車でアクセス出来る他、サイクリングで街々を回るのも人気。毎年世界中からたくさんの人が訪れますが、4月〜10月の間に訪れるならお勧めするのがドナウクルーズ。ドナウクルーズはウィーン市内、ウィーン〜ブラティスラバ、ウィーン〜ハンガリーな… 続きを読む



オーストリア皇妃エリーザベト(愛称シシィ)の常宿は今も健在

[2017/07/01] 沖島博美

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの妃エリーザベトがバイエルン国王の傍系ヴィッテルスバッハ家出身であることは有名かもしれない。しかし、彼女が里帰りの度に宿泊していたホテルをご存知の方は少ないのでは。エリーザベトは堅苦しいウィーンの宮廷を嫌い、常に旅に出ていた。夏場はしばしば里帰りをし、時には何週間にも及ぶことがあった。そのとき彼女は実家のポッセンホーフェン城ではなく、直ぐ近くのホテルに滞在した。そのホテルは現在、ゴルフホテル・カイザリン・エリーザベトという名で当時のままの姿を留めている。シュタル… 続きを読む



夢の世界へ! ビスマルク広場にある劇場

[2017/06/30] 吉村 美佳

レーゲンスブルクには幾つかの劇場がありますが、今回はビスマルク広場にある劇場を紹介します。19世紀初頭、神聖ローマ帝国の宰相、かつレーゲンスブルク大司教であるカール・フォン・ダールベルクは、いろいろな総合病院や文化的施設を次々に建てさせました。その一つがこの劇場です。この劇場は、ウィーンの宮廷建築家であるエマニュエル・ヘリゴヤンが手掛けました。新古典主義のこの建物は、外見はシンプルですが、とても素敵な劇場です。この街にお城を構える公爵一家、トゥルン・ウント・タクシスのために特等席も設けられました… 続きを読む



ハンガリー第三の銘窯ホローハーザの里へ

[2017/06/28] Hiromi

ハンガリーの銘窯といえばまずは第一にヘレンドだ。質の良いことではドイツのマイセンと競い合っている。第二の銘窯は南ハンガリーのペーチで生まれたジョルナイ。ヘレンドとは全く趣向の異なる磁器で人気があり、マジャル的なのはヘレンドよりもジョルナイであろう。これに対し、ハンガリー第三の銘窯と言われているのがホローハーザだ。絵柄は西ヨーロッパ的で、ヘレンドとよく似た絵柄もある。日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパではヘレンド風味で求めやすい価格なので結構好まれている。ヘレンドはバラトン湖北の西ハンガリ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、城」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。