「ドイツ、塩の道」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、塩の道」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、塩の道に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、塩の道の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アザラシの保護施設がある北海沿岸の町ノルデン

[2014/07/01] 沖島博美

 北ドイツのニーダーザクセン州はハノーファーを州都に、ツェレ、リューネブルク、ゴスラーなどの観光名所が点在している。日本では「メルヘン街道」や「古き塩の道」など、有名な観光街道があることでも知られている。ところが北西部の東フリースラントはあまり知られていない。北海に面した北ドイツはフリースラント地方と呼ばれ、そのうちニーダーザクセン州は東フリースラント、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は北フリースラントと呼ばれている。この2つの州にまたがる北海沿岸には干潟が広がり、ワッデン海(Wattenmee… 続きを読む



北ドイツを周るのにお薦めな「古い塩の道」 

[2010/05/21] Kei Okishima

南ドイツにはロマンティック街道という有名な観光街道がある。これに対して北ドイツにも「古き塩の道」という由緒ある観光街道がある。ハンブルク南部のリューネブルクからバルト海近くのリューベックまで、塩を運んだ道である。中世で塩は“白い黄金”と呼ばれるほど貴重なものであった。リューネブルクで岩塩が採れるようになったのは10世紀末から、とかなり古い。最盛期は14世紀で、北ドイツではハンザ商人たちが活躍していた時代だった。リューネブルクの岩塩はハンザの重要な輸出品であり、「古き塩の道」を通ってリューベックま… 続きを読む



せっかくの連休を無駄なく満喫 世界遺産・伝統・芸術の詰まったロマンチック街道へ

[2008/02/25] Kei Okishima

なんと約100種類もの街道があるドイツ。ほんの一地域だけの短いもの、全ドイツを斜めに横切るような長いものもあるが、その中のロマンティック街道、古城街道、アルペン街道、メルへン街道、古き塩の道、などが良く知られている。4月末から5月初めのドイツはまだ寒さが残る。山岳地帯や北ドイツ、東部ドイツへ行くよりも、保存された美しい中世都市が並ぶ南ドイツのロマンティック街道の方がお勧めだ。直行便も飛んでいるドイツの玄関口フランクフルトとミュンへンの間にこの街道があるので、短期間旅行には最適なのである。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、塩の道」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。