「ドイツ、木組みの家」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、木組みの家」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、木組みの家に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、木組みの家の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

高級保養地バーデン・バーデンのクリスマスマーケット

[2016/10/03] 沖島博美

ヨーロッパ、特にドイツのクリスマスマーケットは今やわが国でもメジャーになってきた。11月半ばから12月末にかけてのヨーロッパ旅行は、どこの旅行代理店でもクリスマスマーケット巡り一色になっている。ツアーに参加すれば、いくつかの町を効率よく周るので、それが一番楽かもしれない。その際は、どんな町を訪れるのか、入念にチェックしておこう。個人で周る場合は、せっかくだからツアーであまり訪れることない町、それでいて価値の高い町へ行ってみよう。その一つ、ここにご紹介するのはとっておきの場所、バーデン・バーデンの… 続きを読む



メルヘンチックなアルザスの街ストラスブール

[2016/07/24] りんみゆき

フランス東部のアルザス地方にあるストラスブール。街のシンボルでもあるストラスブール大聖堂は着工開始から去年、千年という月日がたちました。142メートルある大聖堂は中世では一番高いものでした。66メートル階段を上がるとたどりつく展望台からは世界遺産になっている旧市街を一望できます。大聖堂内にある美しいバラ窓や世界最大のひとつである天文時計も必見です。夏季は夜、誰でも見られる無料のプロジェクトマッピングのショーがあり幻想的。ウェブサイト:http://www.cathedrale-strasbour… 続きを読む



ルターを育てたアイゼナハのルターハウス

[2016/05/31] 沖島博美

アイゼナハといえばバッハの生まれた町として知られている。ところがアイゼナハはルターゆかりの地でもある。文豪ゲーテも頻繁に訪れているため、フランクフルトからドレスデンを結ぶゲーテ街道のハイライト拠点ともなっている。世界遺産のヴァルトブルク城が山の上に聳え、リヒャルト・ヴァーグナーのコレクションで知られるロイター・ヴィラもあるなど、北ドイツの観光名所ナンバーワンといっても言い過ぎでないくらい見どころが多い。バッハハウス、ルターハウス、ロイター・ヴィラなどを訪れているとあっという間に1日が過ぎ、世界遺… 続きを読む



世界でただ一人とされる、女性の塔守

[2015/09/23] 沖島博美

ここはドイツ古城街道のハイライトのひとつ、ネッカー河畔の古都バート・ヴィンプフェンBad Wimpfen。中世には神聖ローマ皇帝が滞在する城があり、皇帝都市として栄えた。近世になると交通の不便さから近代化の波に乗れず、それが幸いしてこのように美しい町並みが残された。今ではドイツ古城街道の中でもとりわけ人気の高い町で、シーズンを問わず観光客が訪れている。皇帝の城は風雨にさらされて廃墟のようになってしまったが、礼拝堂のアーチや、危険が迫った時に皇帝が隠れる場所だった「赤の塔」など、一部は修復保存され… 続きを読む


ホレおばさんの古里を訪れてみよう

[2013/04/22] Kei Okishima

ドイツでは、雪が降ると「ホレおばさんが布団を振っている!」と言う。ドイツの雪はまるで羽根のようにフワフワと空を舞い、なかなか地上におりてこない。中世の昔からドイツの掛け布団には羽毛が使われていた。羽根布団は、少し振って空気を入れると驚くほど膨らむ。主婦たちは毎朝、窓から掛け布団を振っていた。昔は縫製が雑だったので縫い目から羽毛が飛び出て宙を舞った。それはまるで雪が舞っているかのよう…。ドイツの言い伝えで羽根布団を振っているホレおばさんとは一体誰?それは異界に住む女の人で、グリム童話にも登場してく… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、木組みの家」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。