「ドイツ、穴場」に関連する現地ガイド記事

「ドイツ、穴場」に関連する現地ガイド記事

ドイツ、穴場に関する現地ガイド記事を集めました。ドイツ、穴場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

レーゲンスブルク滞在型旅行で、じっくりビールを飲み比べませんか?

[2017/03/15] 吉村 美佳

ドイツ、バイエルン州といえばビールの本場。小さな地域に醸造所が密集するバンベルクが一番有名ですが、ここレーゲンスブルクにも美味しいビールがたくさんあります。現存する醸造所は3つ。シュピタール(Spital)、クナイティンガー(Kneitinger)、ビショッフホーフ(Bischofhof)。一番古いのは1226年醸造開始のシュピタール。ドナウの川の対岸にあります。いずれの醸造所も、レストランを併設しており、料理も美味しいです。他にもトゥルン・ウント・タクシスの銘柄で売られるビールがありますが、残… 続きを読む



ルートヴィヒスブルクのクリスマスマーケット

[2016/11/07] 沖島博美

地方都市でも盛大なクリスマスマーケットが開かれるのがドイツだ。小さな町のマーケットは観光客相手ではなく地元の人向けであるため11月初めから開くことはない。殆どの町がアドヴェント期間を守っている。12月24日の直前の日曜日からさかのぼって4週間目の日曜日からアドヴェントが始まる。12月1日、2日、3日が日曜日の場合は、12月から始まるが、それ以外は11月末からアドヴェント期間となる。町の中心広場に市が立ち、人々はクリスマスを迎える準備の買い物をする。マーケットの開場はアドヴェントの前日の土曜日から… 続きを読む



有名なあの人が使っていた客車で食事ができる!徐家匯のど真ん中にある上海料理レストランへ行こう

[2014/12/30] 小田川愛

私が通っていた上海交通大学は、徐家匯という場所にあります。徐家匯は電化製品を扱うお店が多いところで、上海の秋葉原とも言われています。地下鉄徐家匯駅を降り、地上へとあがると、目の前に広がるのは近代的な高層ビルばかりで、ここがあのパンダがいる中国??と目を見張るほどです。これぞ中国とイメージする建物も少ないですし、ガイドブックでもなかなかこのエリアは紹介されません。ですから、この地域で観光客らしき方々をお見かけすることも、あまりありません。ただ、やはり「穴場」はあります。今日はパソコン関連ビルの真後… 続きを読む



リオの美しさを堪能できる穴場?!海に迫り出した要塞&カフェ

[2010/01/07] 東リカ

コパカバーナビーチは世界的に有名ですが、その端に要塞があることは以外と知られていないかもしれません。1763年、リオデジャネイロが首都になった際にコパカバーナ要塞は作られました。ドイツから輸入した大小の大砲が設置されたこの要塞、現在は要塞としての機能はなく、博物館やギャラリー、カフェなども併設されています。また、音楽やスポーツイベントも開かれ、すっかり平和な雰囲気です。コパカバーナビーチやポン・デ・アスーカルの美しい景観が楽しめるこちら。散歩がてら出かけてみてはいかがでしょうか。 続きを読む



あの衝撃的な映像を覚えていますか?来年は歴史の壁が崩れて20年

[2008/11/05] Kei Okishima

テレビ画面にはブランデンブルク門前の壁に上がって大きなハンマーで壁を壊す人の姿が映し出された。突然の映像に、世界中の誰もが目を疑ったに違いない。そう、1989年のベルリンの壁崩壊時の映像だ。ヨーロッパが西側と東側に分断され、自由に行き来できなかった時代のことを知っているだろうか。第二次世界大戦直後にソ連が支配した占領地はそのまま社会主義国となり、ドイツは二つに分かれて西ドイツと東ドイツに。首都だったベルリンは、東ドイツの中にありながら西ベルリンと東ベルリンに分断した。東西冷戦時代、ベルリンのブラ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドイツ、穴場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。