「ドリアン」に関連する現地ガイド記事

「ドリアン」に関連する現地ガイド記事

ドリアンに関する現地ガイド記事を集めました。ドリアンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダの古都でカジュアルにタイ・ストリートフード

[2019/04/13] ミツフィ

ユトレヒト州第二の都市アメルスフォールト。アンティークで趣深い街並み、モンドリアンの出身地、充実したショッピングストリート、そして美味しい地ビールも楽しめる魅力的な街です。その他タイ式マッサージ店が現時点でなぜか州第一の都市ユトレヒトより多いのも実にユニークな点でしょう。タイ式マッサージ店同様にタイ料理レストランも何軒かあります。中でもお勧めなのは「ザ・ストリートフードバー(The streetfood bar)」でしょう。 続きを読む



観光の後はヒーリング。アメルスフォールトでタイマッサージ

[2019/03/06] ミツフィ

ユトレヒト州第二の都市であり、中世からの歴史ある古都アメルスフォールト(Amersfoort)。ヨーロッパらしい情緒溢れる煉瓦造りの街並み。オランダを代表する画家モンドリアンの出身地でもあり、モンドリアンハウスも有名ですね。お洒落なカフェやレストラン、ブティックや雑貨屋さんも多く、グルメやショッピングも充実。ユトレヒトから電車で13分ほどと近く、ユトレヒト観光と合わせて楽しめるのもこの街の大きな魅力です。しかし最近のアメルスフォールトには、観光の他にも意外なお勧めがあるのです。 続きを読む



まるでそこだけ時間が止まったようなノスタルジックな市場を探検

[2017/09/13] 根本聡子

市場にはいるとまず目につくのが屋台の数々。甘辛いスイートソースをつけて食べるさつまあげや、魚を揚げてレモングラスをたっぷりかけたものなど、タイならではの屋台料理がいい香りを漂わせてお客さんを誘います。しかもどれもリーズナブル! さつま揚げなら100円程度、丸鶏の炭火焼も500円程度で食べられます♪ 南国ならではのマンゴーやマンゴスチン、ドリアンなどのフルーツはカットされているので、買い物しながらの食べ歩きにピッタリ。店員さんは日本語はもちろん、英語ができませんが、食べたいものを指で指せばOKなの… 続きを読む



モンドリアンからダッチ・デザインまで。デ・ステイル100周年

[2017/06/07] ミツフィ

デ・ステイル派の主なメンバーは、ピエト・モンドリアン(後日脱退)、テオ・ファン・ドースブルフ、ヘリット・リートフェルト、バート・ファン・デル・レックなどが挙げられます。デ・ステイルの代表的な作品に、絵画ではモンドリアンの「赤・青・黄のコンポジション」が挙げられます。赤・青・黄という三原色を使用し黒のアウトラインで平面構成されたコンポジションは見覚えがある方も多いと思います。建築では世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸が、デ・ステイルの代表建築と言われています。ドースブルフは1917年に雑… 続きを読む



美味し水ある所美味しビールあり。アメルスフォールトで地ビールを

[2016/12/27] ミツフィ

ユトレヒト州第2の街アメルスフォールト。ユトレヒトと同じく歴史ある佇まいの街です。旧市街は中世の趣ある街並みが続き、モンドリアン・ハウスなど美術館や博物館も充実。お天気のいい日はオープンカフェに人々は集い、ヨーロッパ情緒あふれる光景を楽しむことができます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドリアン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。