「ドン・ジョヴァンニ、プラハ」に関連する現地ガイド記事

「ドン・ジョヴァンニ、プラハ」に関連する現地ガイド記事

ドン・ジョヴァンニ、プラハに関する現地ガイド記事を集めました。ドン・ジョヴァンニ、プラハの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

建物を見るだけでも価値大! プラハの冬の醍醐味オペラ鑑賞

[2009/12/03] 有賀みかる

プラハも冬時間に変わり、日本との時差は来春まで8時間になります。緯度の高いここの冬は朝7時でもまだ暗く、夕方5時には暗くなってしまいます。そんな長くて寒さ厳しい冬の夜を過ごすにもってこいなのが本格シーズンに入ったオペラやバレエ鑑賞。日本よりも比較的割安で、地元民も気軽に楽しんでいて、それでいてその豪華なインテリアや建築的にも価値のある建物を楽しむ意味でも是非訪れてほしいのがプラハの中心地にあるスタフォフスケー劇場、国立オペラ劇場、そして国民劇場の3大オペラ劇場です。 続きを読む



プラハの夜、歴史ある劇場で本格オペラ鑑賞と豪華ディナーを楽しもう!

[2008/12/24] 有賀みかる

「プラハで3万円使うとしたら?」ベタですが本格オペラ+豪華ディナーの夜! プラハには主に3箇所、本格オペラを楽しめる劇場があるのですが、どれも120年以上の歴史を誇る、建築歴史的にも価値のある建物、そして外観以上にインテリアも豪華でため息。オペラなんて難しそうだし…という方にも、このゴージャス体験で、「ああヨーロッパにいるんだなぁ」と実感すること間違いなし。それなのにチケットは一番高い席でもバレエなら800kc(約4千円)、オペラなら1400kc(約7千円)程度というのが何とも嬉しいところ。 続きを読む



モーツァルトのプラハの定宿、ベルトラムカ荘

[2008/06/26] 有賀みかる

モーツァルトのゆかりの地といえば、現在のオーストリア、生まれ故郷のザルツブルクと主に活躍したウィーンが有名ですが、プラハも縁の深い場所。35歳と10ヶ月という短い生涯に3度ほどプラハを訪れていて、そのたびに貴族からも市民からも熱烈に歓迎されました。オペラ『フィガロの結婚』は、当時イタリア音楽のほうが流行だったウィーン宮廷よりプラハで好評を博し、『ドン・ジョヴァンニ』がモーツァルト自身の指揮で初演されたのもプラハ。そんなモーツァルトがプラハでたびたび滞在した別荘が、中心からそう遠くない場所にあるの… 続きを読む



プラハならでは! マリオネットでオペラ『ドン・ジョヴァンニ』を♪

[2008/02/01] 有賀みかる

“オペラの中のオペラ”と言われるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』。このオペラ、プラハなくしては生まれなかった作品と言えるでしょう。前作『フィガロの結婚』はウィーンであまり評判にならなかったのに比べ、プラハでは大成功、すっかり気をよくしたモーツァルトがプラハからの依頼に応えた次の作品が『ドン・ジョヴァンニ』で、旧市街広場から程近いスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)にてワールド・プレミアを飾りました。映画『アマデウス』(監督はアメリカへ亡命したチェコ人のミロシュ・フォアマン)のオペラ・シーン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ドン・ジョヴァンニ、プラハ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。