「ナポリ、映画」に関連する現地ガイド記事

「ナポリ、映画」に関連する現地ガイド記事

ナポリ、映画に関する現地ガイド記事を集めました。ナポリ、映画の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

かつての海洋都市国家“アマルフィ”は今、世界遺産「アマルフィ海岸」の中心地

[2015/04/30] 木場しのぶ

“アマルフィ”―と聞くと、行ってみたくてなんだかムズムズしてきません? 某映画の影響もあってか近年日本に於いて空前の知名度UPを記録したと思える、南イタリア有数のリゾート地。町は1997年に世界遺産に登録された「アマルフィ海岸」の中心地であり、毎夏世界中からの避暑&観光客で足の踏み場もないくらいの賑いです。それもそのはず。町の面積5,7km2は関西空港を少し大きくしたくらいの広さながら、そのほとんどが岩山で平地はごくごくわずかなんですよね。 続きを読む



島まるごと城塞? それはナポリ湾に浮かぶ荘厳で緑豊かなアイランド!

[2014/02/23] 木場しのぶ

旅行好きの皆さん! 海に浮かぶ『荘厳』な『石作り』の小島をイメージしてみてください! なんて言うと、あのフランス西北の修道院を思い浮かべる方が多そうですね。いえいえ、私がご紹介するのはあくまでもイン・イタリア。イタリアにも小島ひとつ丸ごと“城塞”という、まるで映画のセットのような俄かに信じがたい場所があるんです。それも、表面積5万6千平方メートルは東京ドームの建築面積4万7千メートルよりひとまわり大きく、高さもドームの56メートルの倍。その姿はしばらく瞳が開いたままになるほど圧巻!で、言葉を無く… 続きを読む



人気急上昇のアマルフィ海岸。一番のお勧め滞在地はアマルフィの町!

[2011/08/25] 堂剛

2009年にアマルフィにまつわる映画が公開されてから、アマルフィ海岸が日本で一躍有名になりましたが、実は昔から美しいリゾート地として世界的に有名で、1997年にはユネスコ世界遺産にも登録された、由緒ある夏の名所です。ナポリの南、カンパーニア州にある全長40キロの海岸線は、コスティエラ・アマルフィターナと呼ばれ、イタリアでトップクラスの美しい海岸線と言われています。切り立った崖に細い道が続き、眼下には透き通ったコバルトブルーの海が広がります。映画に興味ない人も、ぜひ一度、その美しい海と町を目にして… 続きを読む



奇跡の街“マテーラ”〜〜世界遺産指定の洞窟住居の街

[2010/05/19] 木場しのぶ

イエス・キリストの現世での最後の12時間を描いた、映画『パッション(受難)』。2004年に俳優メル・ギブソンの監督・脚本による、彼のパッション(情熱)の限りを尽くして製作したという映画。一度観たら、その凄まじ過ぎる映像を忘れることなどきっとできないでしょう・・・。ご紹介するのは、その映画の舞台となった南イタリアのマテーラという街。1993年、イタリアで9番目にユネスコの世界遺産に登録されたのが、この街の洞窟群(サッシ・ディ・マテーラ)。なんと1万年ほども昔から人類が生活を続けてきた土地なのです。 続きを読む



地中海の美しさが凝縮、人気急上昇のアマルフィ海岸の魅力を堪能しよう!

[2010/03/29] 堂剛

ナポリの南、カンパーニア州のソレントからサレルノまでの全長40キロの海岸線は、コスティエラ・アマルフィターナ(Costiera Amalfitana)と呼ばれ、世界でもっとも美しい海岸線の1つと言われています。1997年にはユネスコの世界遺産にも登録され、日本ではアマルフィの名を冠した映画が公開されてからさらに注目を集めています。急カーブが続く細い海岸線が特徴的で、バスで向かえば眼下にコバルトブルーの海、反対側にはレモン畑がつづく丘陵地帯という、まさに世界一の名に恥じない美しい光景が楽しめます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ナポリ、映画」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。