「ニューヨーク、シンボル」に関連する現地ガイド記事

「ニューヨーク、シンボル」に関連する現地ガイド記事

ニューヨーク、シンボルに関する現地ガイド記事を集めました。ニューヨーク、シンボルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ヨーロッパ最大のシナゴーグで学ぶユダヤの歴史文化

[2017/02/18] Hiromi

赤いマークが目印の地下鉄2号線のアストリア駅から徒歩3〜4分。カーロイケルート通りとドハーニ通りがぶつかる角に美しい建物がある。淡いピンクとベージュのストライプで覆われた壁、ゴールドで装飾された黒い玉葱形の2本の塔が特徴で、正面から後の方に長く伸びている大きな建物だ。これはユダヤ教の教会で、ハンガリー最大であるばかりかヨーロッパでも一番大きなシナゴーグ。なんと、エルサレム、ニューヨークに続いて世界で3番目に大きなシナゴーグなのだ。通りの名のドハーニとは煙草という意味なので、かつてこの通りにはタバ… 続きを読む



モントリオールのセントラルパーク!?モン・ロワイヤル公園

[2015/02/15] 佐々木 まゆ

世界の都市には街を象徴するモニュメントだったりシンボルがありますよね。ニューヨークがセントラルパークなら、モントリオールはモン・ロワイヤル公園(Mont-Royal Park)。「モントリオール」の名前の由来ともなる場所で、フランス語の発音「モンレアル」から来たと言われています。ニューヨークのセントラルパークをデザインした造園家、Frederick Law Olmstedが設計したこの公園は、モントリオールの人たちが大好きな場所。ダウンタウンの喧騒から離れ、自然と戯れる、ゆったりとした時を過ごせ… 続きを読む



大人の街ラスベガスでキッズもエンジョイ

[2014/03/15] りんみゆき

カジノで有名なラスベガス、子連れで行っても楽しいの?と思いがちですが、実は子ども向けのショーやアクティビティも充実していてファミリーでも十分楽しめます。ザ・ストリップに建ち並ぶホテルで特に小さい子連れにやさしいのはピエロが目印のサーカス・サーカス。ホテル内には子ども向けゲームゾーンがあり、無料でサーカス鑑賞も!またアメリカ一大きい25のアトラクションがある屋内テーマパーク、ザ・アドベンチャードームにも隣接。レストランのビュッフェは4歳以下は無料などのうれしい特典がいっぱい。 続きを読む



ユーモラスな街中の彫刻

[2010/10/29] 夏樹

世界でも、もっとも美しい街のひとつであるパリ市。そのため、市内は建物の外観の変更が厳しく制限されていています。それだけに、絶妙な調和で統一された街並みが保存されてはいるけれども、反対に、少々刺激に欠けるように感じることも。東京のような奇抜な看板の出現やびっくりするようなショーウィンドーも少なく、全体におとなしめ。でも、ときには「これ、なんだろう?」と考えてしまうような彫刻作品があり、時とともに、みんなに親しまれる待ち合わせ場所になっています。 続きを読む



アメリカのシンボル「自由の女神」像に潜入する!

[2010/08/19] ゆずれもん

アメリカの象徴ともいえる「自由の女神」は、1866年に友好の印と、アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られました。移民の国アメリカらしく「自由の女神」もある意味フランスからの移民です。飛行機も無かった当時、移動手段は船。ヨーロッパから多くの人たちが夢を抱いて船でアメリカへ渡ってきたとき、真っ先に目にしたのは自由の女神だったはずです。現在ならさほど大きな建造物にはならないですが、右手にトーチ、左手に独立宣言書を持ち、自由と平和を謳う堂々たる姿は、多くの人に深い印象を残すと思います。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ニューヨーク、シンボル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。