「ネパール、タメル、場所」に関連する現地ガイド記事

「ネパール、タメル、場所」に関連する現地ガイド記事

ネパール、タメル、場所に関する現地ガイド記事を集めました。ネパール、タメル、場所の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

カトマンズから中国国境コダリまで、ローカルバスでアルニコハイウェイをプチトリップ

[2015/07/24] 秡川かよ

 チベットからネパールそしてインドの交通の要であった国境の街、コダリ。その昔は馬やロバを連れてのキャラバンの通ったこの街道も、カトマンズーコダリを結ぶアルニコ・ハイウェイの建設によって人々の生活は大きく変わりました。今ではネパールからの買い物ツアーで賑わうこの街を、のんびりバスで訪れてみましょう。途中には新鮮な川魚の食べられるドラルガート、スン・コシで楽しむラフティング、世界第二位の高さを誇るバンジージャンプなど様々なアトラクションも。さあ庶民の足、ローカルバスに飛び乗って出かけましょう。(時間… 続きを読む



環境や伝統への取り組みに共感。Kantipur Temple House

[2015/02/16] 秡川かよ

 旧市街の活気あふれる喧騒からも、各国の旅行者で賑わうタメル地区からも、ほんの少し離れた場所に立つクラシカルな外観のこのホテル。飾り気のないシンプルな木の門をくぐると、美しく緻密な彫刻が特徴の、ネワール様式の窓枠にはっと目を奪われます。どこか寺(Temple)を思わせる外観は一見古く、歴史のありそうな建物ですが、実はすべてこのホテルの建設時に作られたもの。赤レンガと木彫刻の伝統的な建築様式、環境への取り組みなど、オーナーの思いが随所に散りばめられたこのホテルの魅力をご紹介します。 続きを読む



ネパールのお土産にオススメ!素朴な手漉きの紙製品の魅力を探してみよう!

[2013/12/15] 溝内美菜

ネパールを訪れた観光客の日本人の皆様から、よくお聞きすることは、おみやげどうしよう??との声。そうなんです。ネパールでは、会社の同僚の方にお渡しできるようなおしゃれなお菓子詰め合わせなどもなかなかないのが、現状です。女性には、おみやげはある程度、バラエティーがありますが、男性用となると、本当に難しいところです。そこで、このハンドメイドペーパーショップで、幅広い年代男女問わず、喜ばれるおみやげを探してみましょう! 続きを読む



車をチャーターして、一泊二日で効率よくネパールの観光地をまわってみよう!!

[2013/07/22] 溝内美菜

異国に旅行に来たなら、いろいろな場所に行ってみたい!だけど、時間が限られている旅行者が大半のはず。ネパールでは、公共交通機関は移動に時間もかかるし、旅行者の方には使いずらいのも事実。そこで、車をチャーターしてまわるのが、オススメなんです。このコースなら、一日半で主要観光ポイントを自分のペースでまわれるので、お子様や高齢者の方がメンバーにいらっしゃっても、気兼ねなく観光できます。今回はボーダナート、バクタプルを経て、夕方ナガルコットに到着して一泊、翌朝、カトマンズに戻るコースをご紹介いたします。 続きを読む



春の訪れを祝うエキサイティングな祭り・ホーリー

[2012/02/07] 溝内美菜

ホーリーは、春の訪れを祝う祭りで、西暦では3月にあたることが多く、満月の日に毎年行われます。毎年、西暦で日にちが違うのは、ネパールではヴィクラム暦という暦が使われており、そのヴィクラム暦に従い、日にちが毎年決められるためです。興味深いのは、ネパールの中心地方とインド、ネパールのタライ地方は、毎年1日違う日に行われ、これは満月の日の認識に違いがあるからだとも言われています。さて、春の訪れを祝うホーリーですが、メインの日は、色粉かけ、水かけで大変、エキサイティングな祭りとなります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ネパール、タメル、場所」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。