「ノイシュヴァンシュタイン城」に関連する現地ガイド記事

「ノイシュヴァンシュタイン城」に関連する現地ガイド記事

ノイシュヴァンシュタイン城に関する現地ガイド記事を集めました。ノイシュヴァンシュタイン城の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シシィファンには見逃せないエリーザベト皇妃博物館

[2017/06/08] 沖島博美

ポッセンホーフェン駅舎は1865年にバイエルン王ルードヴィヒ二世によって建設された。駅舎の内部は飾りのある漆喰壁で覆われている。エリーザベト皇妃が初めてこの駅に降り立ったのは4年後の1869年だった。以後、エリーザベト専用のサロン列車で度々訪れてサロンで一休みした後、馬車でポッセンホーフェン城へ向かった。ノイシュヴァンシュタイン城を建設したことで知られているルードヴィヒ二世のベルク城もシュタルンベルク湖畔にあり、エリーザベト里帰りの折にはルードヴィヒもベルク城にやって来た。二人は仲が良く、シュタ… 続きを読む



大人も楽しめる子ども祭、歴史劇『キンダーツェッヒエ』

[2017/05/08] 沖島博美

ロマンティック街道は相変わらずドイツで一番人気の観光街道だ。出発地点となるヴュルツブルクから、街道のハイライトであるローテンブルク、次にディンケルスビュール、ネルトリンゲン、アウクスブルク、ランツベルクと続き、ヴィース教会などを経てフィナーレのノイシュヴァンシュタイン城が聳えるフュッセンまで続く。ディンケルスビュールは、街道随一の観光地ローテンブルクを見学した後に訪れるため、感動は今一つかもしれない。しかし、ディンケルスビュールならではの景勝がある。それは旧市街を取り囲む水堀だ。市壁の外側に池や… 続きを読む



完全に円形の城塞都市ネルトリンゲン

[2017/03/12] 沖島博美

ドイツ観光人気ナンバーワンのロマンティック街道。ドイツへ初めて行く人の殆どは、このロマンティック街道から始めるであろう。フランクフルト東のヴュルツブルクから始まり、オーストリア国境近くのフュッセンまで続く観光街道だ。ローテンブルクやノイシュヴァンシュタイン城など、ドイツ観光のハイライトがここにある。子ども祭りで知られるディンケルスビュールや中世都市アウクスブルクなども有名だが、その間にあるネルトリンゲンを見学しようとする人は少ない。近年では漫画『進撃の巨人』の舞台がネルトリンゲン、との噂が広まっ… 続きを読む



シュタルンベルク湖畔でルードヴィヒ二世を偲ぶ

[2016/09/16] 沖島博美

ミュンヒェンから郊外電車Sバーンで30分足らずのシュタルンベルク湖。ここには19世紀のバイエルン王ルードヴィヒ二世を追悼する礼拝堂、そして十字架がある。ドイツ・ロマンティック街道の最終地フュッセンに聳えるノイシュヴァンシュタイン城。街道のフィナーレを飾るにふさわしい城だ。この城を築いたのがルートヴィヒ二世だった。彼は18歳という若さでバイエルン国王に即位した。身長190センチで細身、端正な顔立ちで、それまでのバイエルン国王にはいない容姿端麗な王が誕生した。ある伯爵はルートヴィヒ二世のことを、多く… 続きを読む



ジャーマンレールパスでめぐるゲーテ街道

[2011/11/16] Kei Okishima

街道ならばドイツ、と言われるように、ドイツには観光街道が多い。有名なロマンティック街道を始め、ワイン街道、宝石街道、ハンザ街道など、一つのテーマで町をつないだ街道がドイツにはたくさん。小さなものまで含めると、その数はなんと数十種類にも及ぶ。その中で日本でも知られている人気の街道は、ローテンブルクとノイシュヴァンシュタイン城を含むロマンティック街道、オーストリアとの国境にそって山沿いを走るアルペン街道、古城や宮殿を結んだ古城街道、グリム兄弟と童話をつなぐメルヒェン街道、地下から採取された塩をバルト… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ノイシュヴァンシュタイン城」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。