「ノルマンディー」に関連する現地ガイド記事

「ノルマンディー」に関連する現地ガイド記事

ノルマンディーに関する現地ガイド記事を集めました。ノルマンディーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ブルターニュ地方のイルエヴィレーヌ県で、川と緑が美しい街を歩こう

[2017/06/26] 竹内真里

フランス北西部に位置するブルターニュ地方、イルエヴィレーヌ県。パリからTGVで2時間ちょっと(2017年夏から所要時間1時間半に短縮予定)でアクセス可能な県庁所在地レンヌは、リス広場の市場がよく知られています。ぐるりとした城壁の上からヨットが浮かぶ海と古い石造りの街並みの両方を眺められる港町サンマロ、新鮮な牡蠣がおいしいカンカル、エメラルド色がどこまでも続く海岸線、ノルマンディー地域圏に属する世界遺産のモンサンミッシェルにも近いです。こうした超有名観光スポットの他、規模は小さいながらもほのぼのと… 続きを読む



5月29日まで、忘れられていたフォトグラファー、イジスを見に行こう

[2010/02/16] 夏樹

パリ市役所Hotel de villeの紋章には、船が描かれています。でも、港町でもないのに、と不思議になりますが、昔はセーヌ川を利用する水運によって発展した町。そして、18世紀まで、国王とも張り合うほどの権力をパリで牛耳っていたのも、水運業者の商人頭でした。上流はブルゴーニュ地方やロワール地方に、下流はノルマンディー地方につながっているれっきとした港町だったので、今、市役所広場と呼ばれている広場は商品が荷揚げされてたいへんな賑わいだったということです。 続きを読む



パリから日帰りでモン・サン・ミッシェルに行こう!

[2008/12/25] 田中知子

ノルマンディー地方にあるモン・サン・ミッシェルといえば、ユネスコの世界遺産に指定された人気の観光スポットです。電車やバス、レンタカーなどを利用して個人で行くことも可能ですが、パリからのバスツアーも便利でお勧め。中でも人気の「モン・サン・ミッシェル&ノルマンディーの田舎街ツアー」は朝7時頃にパリを出発し、お昼頃にモン・サン・ミッシェルに到着。現地では7時間ほど自由行動となるので、見学したり、お食事をしたり、お土産を選んだり。道中、ノルマンディーの田舎町を見学できるのもお楽しみの一つ。パリに到着は夜… 続きを読む



歴史を秘めた世界遺産、テムズ河の要塞ロンドン塔!

[2008/07/09] ディキンソン恵子

ロンドン塔は全てが見所、少なくとも半日は時間を取りたいところです。でもそんなに時間がとれない場合、ココだけは見逃せないというオススメのところをご紹介します。まずはなんといってもホワイト・タワー。1100年には完成したといわれるホワイト・タワーはロンドン塔の中でも一番古い建物。その石材はウィリアム征服王の出身地であるフランスのノルマンディーから取り寄せられたそうです。現在ホワイト・タワーの中にはヘンリー8世の鎧などが納められている他、11世紀のノルマン朝礼拝堂を見ることが出来ます。そして、タワー・… 続きを読む



パリから小旅行 ガレット(クレープ)の本場ノルマンディ地方に行こう

[2007/10/23] 田中知子

ノルマンディー地方は有塩バターの産地でもあり、お土産屋さん等で売っている塩バターキャラメル(1袋7ユーロ程(約1050円))もお勧めです。「塩入り??」慣れない言葉に一瞬引いてしまいますが、騙されたと思って、ぜひ一度お試しください。後引く美味しさにやめられなくなりますよ。 クッキーやビスケットも塩味が効いたものが多いのは、お菓子作りにも有塩バターを使用しているためだとか。最近日本でも塩入りチョコレートとか流行ってますね。あま〜いお菓子にカリッとした塩のアクセントが美味しさの秘訣です。そんなお菓子… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ノルマンディー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。