「ハトシェプスト葬祭殿」に関連する現地ガイド記事

「ハトシェプスト葬祭殿」に関連する現地ガイド記事

ハトシェプスト葬祭殿に関する現地ガイド記事を集めました。ハトシェプスト葬祭殿の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

小粒だけど、色鮮やかな壁画が残る「貴族の墓」のマニアックな墓たち

[2010/03/08] すまーふはなこ

ルクソールの西岸を訪れると、ハトシェプスト葬祭殿とラメセウムの間の山の斜面に、穴がたくさん開いているのが見られます。古代エジプトの高官、神官、職人の長官などの墓の集まった岩窟墓で、「貴族の墓」と呼ばれています。「貴族の墓」は、いくつかの地区に分かれていて、ラメセウムの南側のシェイフ・アブド・アル・クルナ地区、その東に位置するコーカ地区、ハトシェプスト葬祭殿の南側に位置する、ドゥラ・アブ・エル・ナガ地区などがあります。ルクソールには他に素晴らしい遺跡が満載で、見所が多すぎて、「貴族の墓」は後回しに… 続きを読む



「墓泥棒の村」と呼ばれた「クルナ村」に広がる、色鮮やかな美しい壁画が残る、500もの貴族の墓

[2010/03/02] すまーふはなこ

クルナ村は、王家の谷やハトシェプスト葬祭殿、貴族の墓が集まる一帯にあります。過去にこの村に住む人々が、墓から出た遺物を売りさばいていて、「墓泥棒の村」と悪名をはせたこともありました。現在では、そのようなことはなく、村人たちは墓守りをしたり、観光客相手に、レストランを営んだり、ファラオの像などの複製をお土産品として売ったりしています。しかし、不謹慎ではありますが、墓泥棒村と聞くとなんだか魅力的に感じ、好奇心がそそられます。しかも、村人の住む家は、壁が色鮮やかに塗られ、独特なイラストが描かれ、周辺の… 続きを読む



「貴族の墓」の、職人が描かれた「レクミラの墓」と葡萄の天井が美しい「センネフェルの墓」

[2010/03/01] すまーふはなこ

カイロから南に671の場所にルクソールがあります。古代エジプト時代にテーベと呼ばれた、かつての最大の都です。ナイル川をはさんだ西岸は、ネクロポリスと呼ばれる死者の町であり、多くの墓や葬祭殿が作られました。有名な「王家の谷」にはファラオの墓、「王妃の谷」には王女や王子、王妃の墓が集められて埋葬されています。そのふたつの埋葬場所とは別の場所に、軍の長官、政府高官などが埋葬された「貴族の墓」があります。500余りある貴族の墓は、ハトシェプスト葬祭殿とラムセス2世葬祭殿(ラメセウム)の間の山の斜面に広が… 続きを読む



古代エジプトの世界遺産を駆け抜ける贅沢なマラソン!「エジプト国際マラソン」

[2009/11/27] すまーふはなこ

男装の女王のハトシェプストの壮大な葬祭殿の前が集合場所で、そこがスタート地点でありゴール地点となります。ハトシェプスト葬祭殿は建物の一部となっている岩山の断崖絶壁が背景となっていて、その裏側には王家の谷があります。朝7時のスタートなので、その岩山が朝もやにおおわれた幻想的な景色が見られ、普段以上に古代エジプトの荘厳な雰囲気が感じられます。スタート後は、ラムセス2世の葬祭殿であるラメセウムや開発中のトトメス3世の葬祭殿、メムノンの巨像などの遺跡の横を走り抜けます。そして自分の足で走りながら、ゴール… 続きを読む



気球に乗って、王家の谷やメムノンの巨像を空から観光する!

[2009/02/27] すまーふはなこ

ルクソールの西岸を、気球に乗って上から眺めるツアーが注目を集めています!王家の谷、ハトシェプスト葬祭殿、ラメセウム、メムノンの巨像などが集まる西岸の見どころがいっぺんに、しかも上から目線で、空に浮かんで見ることができるのです。ちょっとお値段ははるのですが、上からの景色が美しく、遺跡を近くで見るのとは一味違う趣きを感じることができ、なかなかできない経験なので、とってもお勧めです!! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ハトシェプスト葬祭殿」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。