「ハンガリー、ゲデレー」に関連する現地ガイド記事

「ハンガリー、ゲデレー」に関連する現地ガイド記事

ハンガリー、ゲデレーに関する現地ガイド記事を集めました。ハンガリー、ゲデレーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

地下鉄では初めての世界遺産であるブダペスト地下鉄1号線

[2018/01/16] Hiromi

ハンガリーの世界遺産は8か所あるが、その一つがブダペストで正式名称は「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」である。ドナウ河岸とブダ城地区は1987年にホッローケー村と共にハンガリーで初めて世界遺産に登録された。その後ハンガリー政府はペスト地区のアンドラーシ通りと、その地下を走る、建国千年を記念して建設された地下鉄1号線も世界遺産へと拡大登録を申請した。2002年にこれが認められ「アンドラーシ通りと1千年記念地下鉄Andrassy Avenue and the Millen… 続きを読む



シシィがゲデレー城で使っていた家具の展示があるウィーンの博物館

[2015/09/24] Hiromi

シシィとは、オーストリア皇妃であり、同時にハンガリーの王妃であったエリーザベトのこと。ハンガリー語でエルジェーベト、ドイツ語ではエリーザベトと呼ばれている。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフとは母方の従兄妹同士で、双方の母の計らいで見合いをした。実はフランツ・ヨーゼフの見合い相手はシシィではなく、姉のヘレナだった。ところが作法見習いのために付いてきた妹のシシィにフランツ・ヨーゼフは一目惚れ。結局ヘレナではなくシシィを后に選んだ。バイエルン大公の娘でとりわけ大公に可愛がられていたシシィは自由奔放に… 続きを読む


王妃・エリーザベトが愛した居城、ゲデレー宮殿

[2009/06/02] ケイ

ゲデレー宮殿はハンガリーの貴族アンタル・グラシャルコヴィッチ伯爵一世が建てた宮殿だった。グラシャルコヴィッチ伯爵はオーストリア大公マリア・テレージアとも交流のあった由緒ある貴族である。1735年から1745年にかけて最初のコの字型部分が完成し、その後も両サイドの翼が拡張されて現在の形となった。1841年にグラッシャルコヴィッチ家の男系統が絶えて、宮殿はグラシャルコヴィッチ三世の娘婿の家系に移り、その後も持ち主が次々と変わる。オースリア=ハンガリー二重帝国が発足すると宮殿は国に買い取られ、フランツ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ハンガリー、ゲデレー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。