「ハンガリー、食器」に関連する現地ガイド記事

「ハンガリー、食器」に関連する現地ガイド記事

ハンガリー、食器に関する現地ガイド記事を集めました。ハンガリー、食器の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ハンガリーの銘窯ヘレンドの本社を訪れる

[2016/11/09] Hiromi

ハンガリーが誇るのは銘窯ヘレンド。ドイツのマイセンと並んで世界のコレクターに最も人気があると言われている。非常に薄いのに割れにくく、ゴールドは食器洗い乾燥機を使っても落ちない。豊富な絵柄の中には日本の柿右衛門の影響を受けたものもあり、ヨーロッパ人コレクターたちに好まれている。このヘレンドは、もちろんブダペストで購入することができる。市内には直営店が3つあり、スタッフの詳しい解説も得られる。しかし、本当にヘレンドが好きな人は、是非一度、ヘレンド村の本社&工場へ行ってみよう。ここには全種類のヘレンド… 続きを読む



知られざる名窯、ホローハーザの魅力

[2012/07/16] ケイ

ハンガリーの名窯といえば、言わずと知れたヘレンドHrend。ヨーロッパに数多くの名窯ありと言えども、質の高さではドイツのマイセンと競うほどだ。ヘレンドと並んで有名なハンガリーの陶磁器にジョルナイがある。高級レストランの多くがこのジョルナイを使っている。そしてもう一つ、ハンガリーには名窯がある。それがこのホローハーザだ。聞いたことが無い、と言われる人も多いであろうが、知らずに目にしているのかもしれない。クラシックな絵柄なので、ヘレンドと見間違うことがある。値段はヘレンドの3分の1から4分の1程度。… 続きを読む



骨董通りで旅の思い出となる大切な一品を買い求めよう!

[2012/03/12] ケイ

ハンガリーみやげというとフォアグラの缶詰やパプリカパウダー、トカイワイン、刺繍のコースターやハンカチなど色々あって特に義理みやげには事欠かない。ブダペストの中心部、ヴェレシュマルティー広場から始まる歩行者専用のヴァーツィ通りには両側に適当なみやげ物屋が並んでいる。エルジェーベト橋を過ぎて歩行者専用が終わっても道は自由橋の中央市場まで続いている。中央市場もちょっとした買い物には便利だ。ハンガリー的なみやげ物はだいたいこの辺りで揃ってしまう。義理みやげの買い物が済んだら今度は大切な人のためのハンガリ… 続きを読む



食器だけにとどまらない!ジョルナイの生み出した名作をペーチで見学 

[2010/03/18] ケイ

ハンガリーの名窯と言えばヘレンド。陶磁器コレクターなら必ず持っている最高級品である。ヘレンドとは全く異質であるが、ハンガリーにはもう一つ有名な陶磁器がある。南ハンガリーのペーチで作られているジョルナイだ。ブダペストの高級レストランではほとんどこのジョルナイ食器が使われている。薄手で軽いヘレンドと異なり、ジョルナイは厚手。ヘレンドが鑑賞用であるならジョルナイは実用的な食器である。絵柄もヘレンドと異なってマジャル(ハンガリー民族)的である。このジョルナイ、もともとは屋根瓦や外壁用テラコッタの会社だっ… 続きを読む



厳かなクリスマスの雰囲気が残る市で 温もりあるお土産を買おう

[2009/11/03] ケイ

ヨーロッパへ旅行するなら夏場が良い、と誰もが考える。暑い日でも木陰に入れば涼しく、建物の中などはひんやりと気持ちがいい。木々の緑は爽やかであちこちに花が咲き乱れ、日没が遅いので夜の9時頃まで明るい。それに比べて冬場のヨーロッパは寒くて暗い。太陽が滅多に出ない冬は美しいはずの街も灰色だ。朝は8時頃からやっと夜が明け、夕方は4時頃から暗くなり始める。しかしこんな冬のヨーロッパへ、もしクリスマスの前に行くことができるなら、それは夏場より美しいかもしれない。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ハンガリー、食器」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。