「バジェット」に関連する現地ガイド記事

「バジェット」に関連する現地ガイド記事

バジェットに関する現地ガイド記事を集めました。バジェットの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロケーション&CP抜群のブティックホテルはひとり旅にもオススメ!

[2016/06/22] 根本聡子

バンコクから飛行機で1時間ちょっとで到着する、紺碧の海に囲まれたリゾート地サムイ島。ダイビングをはじめ、様々なマリンスポーツを楽しんだり、海を見ながらのんびり過ごすのに最適な人気のリゾートです。また島内の宿泊施設はバックパッカー御用達の安宿から、ハネムーナーにもオススメな高級リゾートまでバリエーション豊かなので、シーンやバジェットに合わせて選べるのも人気の理由になっています。そこで今回はバジェットは低めだけど、リゾート感は味わいたい! という「いいとこ取り」なホテルをご紹介したいと思います! 続きを読む



バジェットトラベラーに朗報! 安くて便利、清潔なバックパッカーイン

[2013/10/11] 葛西玲子

シンガポールのバックパッカーインといえば、以前はベンクーレンストリート付近に集まっていましたが、ここ数年、リトルインディア、チャイナタウンなどの賑やかで便利なストリート沿いにも続々とオープンして、バジェットトラベラーにとっても選択肢がどんどん増えてきています。その中で、女性も安心して泊まれそうなバックパッカーインを発見しました。SOCIETY(ソサエティ)という名前のバックパッカーズホテルで、リトルインディア界隈の混然と活気あるJalan BesarRoadに面しています。 続きを読む



チャンギ国際空港をホテル代わりに活用する!

[2010/07/12] 寺田直子

「トランジット・ホテル」は各ターミナルにある。レセプションでチェックインしてカギをもらう。宿泊のルールは6時間単位で客室を利用すること。バジェットルームとスタンダードルームの2タイプの部屋があり、バジェットルームならシングルの6時間利用で35シンガポールドル(約2300円)!これに17%の税・サがかかるけれどそれでも3000円以内。空港内には24時間のコンビニやカフェテラス、誰でも無料で利用できるインターネット設備もあるので、必要なものも手にいれられる。室内には窓がないので真っ暗にすることができ… 続きを読む



世界最古のパリ植物園と動物園

[2010/04/15] 夏樹

パリには地方行き列車が出発する駅が6つあります。北部に行くなら北駅、東部に行くなら東駅と、行き先によって駅が異なる仕組みになっています。そのなかでも、オーステルリッツ駅はスペインや南仏行き夜行列車が出発する駅として知られています。バジェットエアラインでどこにでも安く速く行ける時代、深夜の駅をひとつずつ止まる夜行列車で旅するのも、ひと味違う思い出になるかもしれません。19世紀末に建設された鋼鉄とガラス張りの建物は、歴史記念物に指定されています。 続きを読む



なんとフライト料金0(ゼロ)円も!! バジェットエアラインを利用してシンガポールから夢のバカンスに!

[2010/03/03] 葛西玲子

バジェットエアラインとは、機内サービスを軽減することによって、航空運賃をローコスト化した航空会社のこと。ハブ空港として世界的評価の高いチャンギ空港内には、2006年にバジェットターミナルも建設されました。シンガポール航空の子会社であるタイガー・エアウエイズ、マレーシアのエア・エイジア、オーストラリアのジェットスター・エアなど、数社のバジェットエアラインが定期運航しており、ローカルっ子にはすっかりおなじみの空の旅の交通手段となりました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バジェット」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。