「バス」に関連する現地ガイド記事

「バス」に関連する現地ガイド記事

バスに関する現地ガイド記事を集めました。バスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界無形文化遺産、エディルネのオイルレスリング

[2017/06/05] オキシマ・ヒロミ

エディルネはギリシャとの国境にあり、トルコでは一番西端の町だ。イスタンブールからはかつて鉄道で6時間かかった。ヨーロッパへ出て行く者は不安を抱きながらエディルネで国に別れを告げ、ヨーロッパから帰国した者はエディルネで安堵する。そんな国境の町だった。現在は高速バスでイスタンブールから僅か2時間半の距離。日帰りも可能になった。エディルネのある西北トルコはトラキア地方と呼ばれ、夏はヒマワリが畑や丘を埋め尽くす美しい地方。春にはトルコの国花であるチューリップも咲きそろう。オイルレスリング抜きでもエディル… 続きを読む



本場デンマークのレゴランドに行ってみよう!2017年はWORLD'S TALLEST、ニンジャゴー・コテージがオープン

[2017/06/01] MizukiPoulsen

■LEGOLAND Billund(レゴランド・ビルン)Web: www.legoland.dk住所: Nordmarksvej 9, 7190 Billundアクセス:コペンハーゲン中央駅から長距離電車で2〜2.5時間、Vejle(ヴァイレ)駅下車、バス43または143線Billund行きで約40分Legoland / Lalandiaバス停下車すぐ。入場料:1日券 子供3〜12歳339dkk、大人13〜64歳359dkk、シニア65歳以上339dkk2日券 子供3〜12歳468dkk、大人1… 続きを読む



「ドナウの旅人」を読んだ人のためのレーゲンスブルク

[2017/05/24] 吉村 美佳

レーゲンスブルクは、内陸であるバイエルン州にありますが、実はバイエルン州一の港湾都市です。クルーズも盛んで、45分の周遊船もあれば、ヨーロッパをめぐるクルージング船も、ここレーゲンスブルクに立ち寄ります。船が運行している時期にヴァルハラへ行かれる方は、船の旅をお勧めします。路線バスだと非常に分かりにくいのです。船での移動のためには、石橋の近くにある、チケット売り場でチケットを購入します。2つの船会社がヴァルハラ行きの船を運行しています。船で到着すると、何百段もの階段を登って行くことになるのですが… 続きを読む



週1回だった人気ナイトマーケットが週2回の開催に☆

[2017/05/23] NEMO

水曜日はタモンエリアからシャトルバスが出ていますが、今のところ金曜日の運行はありません。レンタカーが楽ですが、駐車場が混むのでタクシーをチャーターするのがオススメです。☆DATA☆チャモロヴィレッジ ナイトマーケット住所:153 W.Marine Corps Dr. Hagatna営業時間:毎週水曜、金曜のみ 18:00頃〜21:00 続きを読む



エッフェル塔の設計士が作ったサンティアゴの国宝建築、中央駅を見てみよう!

[2017/05/20] 鰐部マリエ

組み立てに6ヶ月を費やし1897年12月に完成したこの中央駅。当時のこの建築物は屋根に曇りガラスが取り付けられ、自然光が入る作りや駅舎両側に切符売り場が作られるなどの佇まいは当時の人々からはとても注目を浴びました。しかし、当時はまだ荷馬車が主流な人々の交通手段だったため、汽車が開通することは荷馬車ビジネスに打撃をうけるとして、荷馬車労働組合が反対していたようです。現在、北へ行く長距離電車が開通できていないのも、トラックやバスの労働組合などの圧力が強いらしく、昔も今もどこか似ていて面白いです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。