「バリ島、ニューオープン」に関連する現地ガイド記事

「バリ島、ニューオープン」に関連する現地ガイド記事

バリ島、ニューオープンに関する現地ガイド記事を集めました。バリ島、ニューオープンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ケチャッダンスを観ながら美味しいインドネシアンビュッフェを好きなだけ!

[2015/09/16] 田尾蓮果

日本のテレビ番組でもたびたび紹介され、有名になったケチャッダンス。楽器による伴奏は一切なく、半裸の男性たちがチャッチャッチャッと合唱のようにかけ声をかけたり、アカペラの独唱が入ったりしてストーリーを展開していく。このチャッチャッチャッという幾重にも重なった声がたくましくも幻想的で、熱帯の夜にピッタリなのも人気の要因だろう。この半裸の男性たちは猿の軍団役で、チャッチャッチャッというのは猿の鳴き声を模したものだ。内容は、悪の大王ラワナにさらわれたシータ姫を夫のラマ王子が弟ラクスマナと共に助け出すとい… 続きを読む



サンセットロードにニューオープンのおすすめレストラン「ブラックペッパー」

[2012/12/01] 田尾蓮果

この7月、スミニャックのサンセットロード沿いにオープンしたレストラン「ブラックペッパー」は、ラヤ・スミニャック通りにある人気フランス料理店「シップ ワインバー」の姉妹店。オーナーはシップと同じフランス人男性だが、こちらではメキシコ人シェフを迎え、メニューもメキシカン、パスタ、ピザ、サンドウィッチ、バーガー類など、よりカジュアルなラインナップになっている。エアコンの効いた店内席と明るいテラス席があり、どちらも気取らない雰囲気で、ゆったりできるのも魅力のひとつだ。料理の味の方も良く、特におススメなの… 続きを読む



新グルメストリートに登場したヘルシーなトルコ&地中海料理店

[2011/11/28] 田尾蓮果

バリ島のグルメストリートといえば、スミニャックのオベロイ通りが有名だけれど、このオベロイ通りから徒歩約5分のところにあるプティトゥンゲッ通りにもここ最近、レストランやバーが続々とオープンして話題になっている。オベロイ通り同様、外国人オーナーやシェフの店が多く、いながらにして世界各国の味が楽しめるというのが特徴だ。しかも、味の良い店が多く、在住外国人が足繁く通うレストランが何軒もある。そんなプティトゥンゲッ通りにこの9月、登場したのがトルコ&地中海料理を出す店「チューリップ」だ。オーナーはトルコ人… 続きを読む



ボヘミアン・トレンディなストリートに、クールなヴィンテージ家具ショップが登場!

[2010/03/16] 葛西玲子

以前にもご紹介したことがある、ファッショントレンドやデザインに敏感な地元クリエーターやデザイナーが発信するショップが自然発生的に増えていったトレンディストリート・ハジレーン。その後、通りの知名度もすっかり上がり、観光客も押し寄せる活気あるストリートとなっています。そんなハジ・レーンに、お洒落でクールなインテリアショップがニューオープン! デザインコンシャスな人々の間でさっそく話題になっています。 続きを読む



サンセットロードに出現したノスタルジックなレストランで、インドネシアングルメ!

[2010/01/21] 田尾蓮果

ニューオープンラッシュが続くバリ島のレストラン業界。この世界不況のご時世に、これだけ何軒ものレストランが次々とオープンする観光地も珍しいだろう。しかも、その多くが味自慢だというのだから、バリ好き人間にとってこれほどうれしいことはない。今回ご紹介するお店もそんなバリ島ニューフェイスのうちの一軒、「ワルン・ワハハ」だ。サンセットロードでこの店の看板を初めて見た時、その店名からてっきり日本人経営なのだとばかり思い込んでいた。なんといっても「ワハハ」なのだから。けれど、笑い声というものは万国共通のようで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バリ島、ニューオープン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。