「バルセロナ、サッカー、人口」に関連する現地ガイド記事

「バルセロナ、サッカー、人口」に関連する現地ガイド記事

バルセロナ、サッカー、人口に関する現地ガイド記事を集めました。バルセロナ、サッカー、人口の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

今からでも松井の試合、バルセロナ戦に間に合う!美食の街・リヨンでサッカー三昧!

[2009/01/15] 元川悦子

パリに続いてフランスを取り上げるサッカー観戦企画。今回は第2の都市・リヨンにスポットをあてることにする。リヨンといえばフランス南東部、ローヌ=アルプ地域県の首府。人口約170万を誇る大都市だ。パリからTGVで約2時間と行き来も容易である。リヨンの鉄道の玄関口は「パールデュー(Part Dieu)駅とペラーシュ(Perrache)駅の2つがある。TGVが多く止まるのはパールデュー、繁華街に近いのがペラーシュ駅。それは覚えておこう。当地は「美食の街」としても世界中に名を馳せており、中心部には高級レス… 続きを読む



ドイツ観光では滅多に訪れない炭鉱の町で屈指の人気クラブ「シャルケ04」を観る!

[2008/08/05] 元川悦子

広い国土を南から北へ北上しているドイツ編。欧州選手権(ユーロ)2008で中断する前はノルトライン・ヴェストファーレン州のドルトムントを紹介した。今回はさらに東へ移動し、ルール工業地帯の小都市・ゲルゼンキルヘンを取り上げる。サッカーに興味を持たない人がこの町の名前を聞いても「どこ?」という反応を示すだろう。それくらいこのゲルゼンキルヘンという町は小さい。産業革命とともに炭鉱町として発展したこの町だったが産業の衰退とともに最盛期は人口40万人にまで達した。が、その後は減少が著しく、現在は25万人程度… 続きを読む



スペインと地続きのポルトガル。まずはリスボンで名門・ベンフィカのサッカーを観戦

[2008/04/23] 元川悦子

バルセロナを起点に、コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)沿いにイベリア半島を南下してきたスペイン編。そのまま西へ向かい、隣国・ポルトガルに立ち寄ってみたい。ポルトガルは今年6月にスイス・オーストリアで開催され2008年欧州選手権(ユーロ2008)で優勝候補に挙げられるほどの強国。クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスターU)は今や世界最高のスターとなり、デコ(バルセロナ)やフィーゴ(インテル)らビッグネームもいる。あのジョゼ・モウリーニョ・チェルシー前監督もポルトガル人だ。この国を無視して今や現代サ… 続きを読む



フラメンコや闘牛の本場、アンダルシアの中心都市で、ハイレベルなサッカーを堪能!

[2008/03/18] 元川悦子

バルセロナを皮切りに地中海沿いを時計回りで進んでいるスペイン戦。マルベージャ・コルドバの後は、同じアンダルシアにある人口70万の大都市・セビリア(現地読みはセビージャ)を取り上げることにする。メスキータの町・コルドバからは列車で45分、バスだと2時間程度。容易に行き来できる距離にあるのだ。ここセビリアはフラメンコや闘牛の本場として知られており、ビゼーの「カルメン」の舞台としても名を馳せる。毎年4月の春祭りがスペイン3大祭の1つに数えられるなど、とにかくエンターテイメントに事欠かない土地なのである… 続きを読む



世界遺産「メスキータ」の町・コルドバでリーガエスパニョーラ2部のサッカーを観る

[2008/02/20] 元川悦子

バルセロナ、マジョルカ、バレンシアと地中海沿岸を南下してきたスペイン編。このままコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)を西に向かい、マルベージャをやや北へ行ったところにある町・コルドバへ行くことにする。実は2001年4月にマルベージャへ行ったことがある。トルシエ監督が率いていた日本代表がコルドバでのスペイン代表戦に挑むに当たり、ここで直前合宿をやったからだ。コスタ・デル・ソルの代表的な町であるマルベージャは冬も温暖で、1月の中断期間にはドイツやオランダなどの強豪クラブがキャンプを張ることが多い。日本代… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バルセロナ、サッカー、人口」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。